ミトコンドリア(英: mitochondrion、複数形: mitochondria、中: 线粒体)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。 単語Mitochondrionはギリシャ語のμίτος, mitos「糸」とχονδρίον, chondrion, 「顆粒」に由来し、そこからミトコンドリアを糸粒体(しりゅうたい)と呼ぶこともある。

Property Value
dbo:abstract
  • ミトコンドリア(英: mitochondrion、複数形: mitochondria、中: 线粒体)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。 単語Mitochondrionはギリシャ語のμίτος, mitos「糸」とχονδρίον, chondrion, 「顆粒」に由来し、そこからミトコンドリアを糸粒体(しりゅうたい)と呼ぶこともある。 (ja)
  • ミトコンドリア(英: mitochondrion、複数形: mitochondria、中: 线粒体)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。 単語Mitochondrionはギリシャ語のμίτος, mitos「糸」とχονδρίον, chondrion, 「顆粒」に由来し、そこからミトコンドリアを糸粒体(しりゅうたい)と呼ぶこともある。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 15394 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 24119 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81513891 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:n
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:q
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:v
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikt
  • ミトコンドリア (ja)
  • ミトコンドリア (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • ミトコンドリア(英: mitochondrion、複数形: mitochondria、中: 线粒体)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。 単語Mitochondrionはギリシャ語のμίτος, mitos「糸」とχονδρίον, chondrion, 「顆粒」に由来し、そこからミトコンドリアを糸粒体(しりゅうたい)と呼ぶこともある。 (ja)
  • ミトコンドリア(英: mitochondrion、複数形: mitochondria、中: 线粒体)は真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNA(ミトコンドリアDNA=mtDNA)を持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除 する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。ヤヌスグリーンによって青緑色に染色される。 単語Mitochondrionはギリシャ語のμίτος, mitos「糸」とχονδρίον, chondrion, 「顆粒」に由来し、そこからミトコンドリアを糸粒体(しりゅうたい)と呼ぶこともある。 (ja)
rdfs:label
  • ミトコンドリア (ja)
  • ミトコンドリア (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of