Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミック・エイブラハムズ(Mick Abrahams, 1943年4月7日 - )は、イングランドのギタリスト。ロックバンド、ジェスロ・タルの初代ギタリストとして知られる。ベッドフォードシャーのルートンで生まれた。1965年にThe Toggery Fiveというバンドに加入し、後にジェスロ・タルのメンバーとなるクライヴ・バンカーと出会う。1967年にはバンカーと共にMcGregory's Engineに加入し、ここでイアン・アンダーソンやグレン・コーニックと出会ってジェスロ・タル結成に至った。ファーストアルバム『日曜日の印象』(1968年)制作後、音楽の方向性の違いでジェスロ・タルを脱退。その後、よりブルース・ジャズ色を強めた自身のバンド、ブロドウィン・ピッグを結成する。1971年、ブルースおよびブルースロック色の強い初のソロ・アルバム『Mick Abrahams』を発表。1988年にはブロドウィン・ピッグを再結成している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 228555 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49558712 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミック・エイブラハムズ(Mick Abrahams, 1943年4月7日 - )は、イングランドのギタリスト。ロックバンド、ジェスロ・タルの初代ギタリストとして知られる。ベッドフォードシャーのルートンで生まれた。1965年にThe Toggery Fiveというバンドに加入し、後にジェスロ・タルのメンバーとなるクライヴ・バンカーと出会う。1967年にはバンカーと共にMcGregory's Engineに加入し、ここでイアン・アンダーソンやグレン・コーニックと出会ってジェスロ・タル結成に至った。ファーストアルバム『日曜日の印象』(1968年)制作後、音楽の方向性の違いでジェスロ・タルを脱退。その後、よりブルース・ジャズ色を強めた自身のバンド、ブロドウィン・ピッグを結成する。1971年、ブルースおよびブルースロック色の強い初のソロ・アルバム『Mick Abrahams』を発表。1988年にはブロドウィン・ピッグを再結成している。
rdfs:label
  • ミック・エイブラハムズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:formerBandMember of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:pastMembers of
is foaf:primaryTopic of