Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミシェル・ジャンヌ・オノリーヌ・アリヨ=マリ(Michèle Jeanne Honorine Alliot-Marie,1946年9月10日 - )はフランスの政治家。また、弁護士資格免許(CAPA)を有する弁護士でもある。フランスのメディアなどでは、名前の頭文字をとって“MAM”(マム)の愛称で呼ばれる。ヴァル=ド=マルヌ県、ヴィルヌーヴ・ル・ロワで生まれる。2002年に成立したジャン=ピエール・ラファラン内閣において、女性としてフランス史上初めて国防大臣に就任し、一躍注目を集めた。その後は2007年5月まで同職を務めたのち、同月新たに成立したフランソワ・フィヨン内閣の下で、こちらも女性としてフランス史上初めて内務大臣に就任するなど、国防・治安関係の要職を歴任した。さらに、2009年6月からは内務大臣職をブリス・オルトフーに譲り、欧州議会議員選挙に出馬するために辞職したラシダ・ダティの後任として司法大臣を務めた後、2010年11月15日のフィヨン内閣改造にあたってはベルナール・クシュネルの後任として外務大臣に就任した。アリヨ=マリーは頻繁にチュニジアで休暇をすごしていたが、昨年末、ジャスミン革命の最中も休暇をとった。休暇中ベン・アリ旧政権から便宜供与されたことが問題視された。結局、2011年2月27日、外相を辞任した。サルコジ大統領の意向により事実上の更迭と観測される。民衆運動連合(UMP)の中で、下院議長、ジャン・ルイ・ドブレと同様、社会の動向に敏感に反応する。ド・ゴール主義の継承者であり、フランスのビジョンとフランス人への奉仕活動の促進を強調している。2006年には、フォーブス誌で、世界で最も影響力のある女性として、57位にランクされている。ミシェルは、(ピレネー・アトランティック県)ビアリッツ市の市長兼国民議会議員であったベルナール・マリの娘である。なお、ベルナールは、ラグビーの国際審判もしていた。
dbpedia-owl:activeYearsEndDate
  • 2013-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 2014-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1946-09-10 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 737735 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3347 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54208633 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他職歴
  • 青少年問題・スポーツ担当大臣
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 大統領
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、ヴァル=ド=マルヌ県、ヴィルヌーヴ・ル・ロワ
prop-ja:出身校
prop-ja:各国語表記
  • Michèle Jeanne Honorine Alliot-Marie
prop-ja:国旗
  • FRA
prop-ja:就任日
  • 1986 (xsd:integer)
  • --03-29
  • --05-07
  • --05-18
  • --06-23
  • --11-14
prop-ja:所属政党
  • 共和国連合(RPR)→国民運動連合(UMP)
prop-ja:生年月日
  • 1946-09-10 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Michèle Alliot-Marie.jpg
prop-ja:画像説明
  • 国防相在任中のミシェル・アリヨ=マリー
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
  • ベルナール・マリ(父,ビアリッツ市長兼国民議会議員)
prop-ja:退任日
  • --02-27
  • --05-18
  • --06-23
  • --11-13
prop-ja:退任理由
  • チュニジア旅行の便宜供与により
  • 内閣改造に伴って
  • 司法大臣・国璽尚書に就任するため
prop-ja:選挙区
  • ピレネー=アトランティック県第6選挙区
prop-ja:配偶者
  • パトリック・オリエール(パートナー,元フランス国民議会議長)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ミシェル・ジャンヌ・オノリーヌ・アリヨ=マリ(Michèle Jeanne Honorine Alliot-Marie,1946年9月10日 - )はフランスの政治家。また、弁護士資格免許(CAPA)を有する弁護士でもある。フランスのメディアなどでは、名前の頭文字をとって“MAM”(マム)の愛称で呼ばれる。ヴァル=ド=マルヌ県、ヴィルヌーヴ・ル・ロワで生まれる。2002年に成立したジャン=ピエール・ラファラン内閣において、女性としてフランス史上初めて国防大臣に就任し、一躍注目を集めた。その後は2007年5月まで同職を務めたのち、同月新たに成立したフランソワ・フィヨン内閣の下で、こちらも女性としてフランス史上初めて内務大臣に就任するなど、国防・治安関係の要職を歴任した。さらに、2009年6月からは内務大臣職をブリス・オルトフーに譲り、欧州議会議員選挙に出馬するために辞職したラシダ・ダティの後任として司法大臣を務めた後、2010年11月15日のフィヨン内閣改造にあたってはベルナール・クシュネルの後任として外務大臣に就任した。アリヨ=マリーは頻繁にチュニジアで休暇をすごしていたが、昨年末、ジャスミン革命の最中も休暇をとった。休暇中ベン・アリ旧政権から便宜供与されたことが問題視された。結局、2011年2月27日、外相を辞任した。サルコジ大統領の意向により事実上の更迭と観測される。民衆運動連合(UMP)の中で、下院議長、ジャン・ルイ・ドブレと同様、社会の動向に敏感に反応する。ド・ゴール主義の継承者であり、フランスのビジョンとフランス人への奉仕活動の促進を強調している。2006年には、フォーブス誌で、世界で最も影響力のある女性として、57位にランクされている。ミシェルは、(ピレネー・アトランティック県)ビアリッツ市の市長兼国民議会議員であったベルナール・マリの娘である。なお、ベルナールは、ラグビーの国際審判もしていた。
rdfs:label
  • ミシェル・アリヨ=マリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is foaf:primaryTopic of