Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミサイル万能論(ミサイルばんのうろん)は、1950年代から1960年代に考えられていた、当時の最新鋭兵器であるミサイルが従来の兵器に取って代わる万能兵器であるという主張である。ミサイル万能主義などとも呼ばれる。冷戦下の各国の兵器開発に、大きな影響を与えた。これは特に戦闘機に搭載する兵器について著しいものがあった。つまり、従来の航空機関砲は空対空ミサイルの登場によって不要になるという主張である。従って以下の記述は、それについて特に詳細の述べるものである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1424342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58324204 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミサイル万能論(ミサイルばんのうろん)は、1950年代から1960年代に考えられていた、当時の最新鋭兵器であるミサイルが従来の兵器に取って代わる万能兵器であるという主張である。ミサイル万能主義などとも呼ばれる。冷戦下の各国の兵器開発に、大きな影響を与えた。これは特に戦闘機に搭載する兵器について著しいものがあった。つまり、従来の航空機関砲は空対空ミサイルの登場によって不要になるという主張である。従って以下の記述は、それについて特に詳細の述べるものである。
rdfs:label
  • ミサイル万能論
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of