Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミケル・シトウ (Michael(Michel/Michiel/Miguel) Sittow 、1468年頃 - 1525年/1526年)は初期フランドル派の画家。レバル(現在のエストニア、タリン)出身で、画家としての生涯のほとんどをカスティーリャ女王イサベル1世やハプスブルク家などの宮廷画家としてスペイン、ネーデルラントで送った。シトウはこの時代でもっとも重要なフランドル派画家とみなされている。
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1974039 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10497 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47205930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bgcolour
  • #dde2ee
prop-ja:birthdate
  • 1468 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • 『ドン・ディエゴ・デ・ゲバラの肖像』
prop-ja:deathdate
  • 1525 (xsd:integer)
prop-ja:deathplace
  • レバル
prop-ja:field
  • 絵画
prop-ja:imagesize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:influencedBy
prop-ja:location
  • レバル
prop-ja:movement
  • 初期フランドル派
prop-ja:name
  • ミケル・シトウ
prop-ja:nationality
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ミケル・シトウ (Michael(Michel/Michiel/Miguel) Sittow 、1468年頃 - 1525年/1526年)は初期フランドル派の画家。レバル(現在のエストニア、タリン)出身で、画家としての生涯のほとんどをカスティーリャ女王イサベル1世やハプスブルク家などの宮廷画家としてスペイン、ネーデルラントで送った。シトウはこの時代でもっとも重要なフランドル派画家とみなされている。
rdfs:label
  • ミケル・シトウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ミケル・シトウ
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of