Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミクーリン AM-42(ロシア語: Микулин АМ-42)とは、第二次世界大戦中の1940年代にソビエト連邦のミクーリン設計局で開発された航空機用レシプロエンジンである。同局が手掛けたAM-38Fをベースとして出力を向上させたもので、イリューシン Il-1戦闘機や、Il-8・Il-10 対地攻撃機に搭載された。エンジンは液冷V型12気筒の構造を持ち、排気量47リットルで2000馬力程度の出力を発揮した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1653673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53738627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミクーリン AM-42(ロシア語: Микулин АМ-42)とは、第二次世界大戦中の1940年代にソビエト連邦のミクーリン設計局で開発された航空機用レシプロエンジンである。同局が手掛けたAM-38Fをベースとして出力を向上させたもので、イリューシン Il-1戦闘機や、Il-8・Il-10 対地攻撃機に搭載された。エンジンは液冷V型12気筒の構造を持ち、排気量47リットルで2000馬力程度の出力を発揮した。
rdfs:label
  • ミクーリン AM-42
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of