Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミクーリン AM-39(ロシア語: Микулин АМ-39)とは、1940年代のソビエト連邦で使用された液冷V型12気筒の航空機用レシプロエンジンである。高高度用のAM-35Aの出力向上型として設計されたものだが、大量生産に移されることはなかった。ミコヤン・グレビッチ I-220・ポリカルポフ ITP戦闘機・ツポレフ Tu-10 爆撃機はこのエンジンの搭載を前提として設計が進められていたものの、いずれも量産には至らなかった。同設計局で開発された姉妹機として、AM-38やAM-42がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1653657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53738626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミクーリン AM-39(ロシア語: Микулин АМ-39)とは、1940年代のソビエト連邦で使用された液冷V型12気筒の航空機用レシプロエンジンである。高高度用のAM-35Aの出力向上型として設計されたものだが、大量生産に移されることはなかった。ミコヤン・グレビッチ I-220・ポリカルポフ ITP戦闘機・ツポレフ Tu-10 爆撃機はこのエンジンの搭載を前提として設計が進められていたものの、いずれも量産には至らなかった。同設計局で開発された姉妹機として、AM-38やAM-42がある。
rdfs:label
  • ミクーリン AM-39
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン名(プロペラ)_ of
is foaf:primaryTopic of