Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミクーリンAM-37とは、第二次世界大戦前にソビエト連邦で開発された航空機用レシプロエンジンである。AM-35の改良型に当たるが、信頼性に問題を抱えていたため少数生産に留まった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3272972 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2067 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58582889 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シリンダー直径
  • 160.0
prop-ja:ストローク
  • 190.0
prop-ja:スーパーチャージャー
  • 遠心式過給機(1段1速)
prop-ja:タイプ
  • 液冷V型12気筒
prop-ja:体積
  • 45.84
prop-ja:冷却システム
  • 液冷
prop-ja:出典
  • Kotelnikov, Russian Piston Aero Engines
prop-ja:圧縮比
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 885.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミクーリンAM-37とは、第二次世界大戦前にソビエト連邦で開発された航空機用レシプロエンジンである。AM-35の改良型に当たるが、信頼性に問題を抱えていたため少数生産に留まった。
rdfs:label
  • ミクーリン AM-37
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of