Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミクロ・マクロ・ループ(英語: micro-macro loop)は、組織論・会計学・経済学・人工知能論・社会科学方法論の分野などで主題となっているが、分野により意味に異同がある。日本で生まれた概念である。人によってミクロマクロ・ループ、ミクロ・マクロループなど表記にゆれがある。今井賢一・金子郁容のミクロ・マクロ・ループは組織論的な考察であるが、塩沢由典のミクロ・マクロ・ループ論は、社会科学の方法論として提案されている。方法論的個人主義・方法論的全体主義の双方に問題があるとの認識に基づいている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2477951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58388789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 西部のミクロ・メゾ・マクロ・ループ論は、従来からの制度論と大差ないものになっており、塩沢のミクロ・マクロ・ループ論がもっていたダイナミックスを欠くものとなっている
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミクロ・マクロ・ループ(英語: micro-macro loop)は、組織論・会計学・経済学・人工知能論・社会科学方法論の分野などで主題となっているが、分野により意味に異同がある。日本で生まれた概念である。人によってミクロマクロ・ループ、ミクロ・マクロループなど表記にゆれがある。今井賢一・金子郁容のミクロ・マクロ・ループは組織論的な考察であるが、塩沢由典のミクロ・マクロ・ループ論は、社会科学の方法論として提案されている。方法論的個人主義・方法論的全体主義の双方に問題があるとの認識に基づいている。
rdfs:label
  • ミクロ・マクロ・ループ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of