Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミクソリディア旋法 (英語: Mixolydian mode) は、以下の3つのうちいずれかを指す。古代ギリシャにおける、特定のオクターヴ種(またはオクターヴ属。古代ギリシャ音楽理論において、1オクターヴの音階を構成する音程の順序。)または音階に基づくハルモニアイ(harmoniai)またはトノイ(tonoi)の1つ。中世の教会旋法の1つ。現代の旋法あるいは全音階。中世の旋法に関連性を持つ。(対照的に、中世音楽のヒポミクソリディア旋法に相当するものは現代にはない。)この旋法は南インドの古典音楽であるカルナータカ音楽において、ハリカーンボージーとして知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3207625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55399403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミクソリディア旋法 (英語: Mixolydian mode) は、以下の3つのうちいずれかを指す。古代ギリシャにおける、特定のオクターヴ種(またはオクターヴ属。古代ギリシャ音楽理論において、1オクターヴの音階を構成する音程の順序。)または音階に基づくハルモニアイ(harmoniai)またはトノイ(tonoi)の1つ。中世の教会旋法の1つ。現代の旋法あるいは全音階。中世の旋法に関連性を持つ。(対照的に、中世音楽のヒポミクソリディア旋法に相当するものは現代にはない。)この旋法は南インドの古典音楽であるカルナータカ音楽において、ハリカーンボージーとして知られている。
rdfs:label
  • ミクソリディア旋法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of