Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ミカド (The Mikado; or, The Town of Titipu ) は、ウィリアム・S・ギルバート脚本、アーサー・サリヴァン作曲による二幕物の喜歌劇(オペレッタ)作品。ギルバート・アンド・サリヴァンの14作品のうち9作品目であった。1885年3月14日にイギリスのロンドンにあるサヴォイ劇場で初演されて672回上演し、当時の歌劇史上2番目の上演回数を誇り、舞台作品の中でもロングラン作品の1つとなった。1885年の終演までにヨーロッパやアメリカで少なくとも150カンパニーが上演した。現在もサヴォイ劇場でしばしば上演されているだけでなく、アマチュア劇団や学校演劇でも演じられている。様々な言語に翻訳され、歌劇史上最も多く上演される作品の1つとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 477952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 48507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 248 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58381156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ミカド (The Mikado; or, The Town of Titipu ) は、ウィリアム・S・ギルバート脚本、アーサー・サリヴァン作曲による二幕物の喜歌劇(オペレッタ)作品。ギルバート・アンド・サリヴァンの14作品のうち9作品目であった。1885年3月14日にイギリスのロンドンにあるサヴォイ劇場で初演されて672回上演し、当時の歌劇史上2番目の上演回数を誇り、舞台作品の中でもロングラン作品の1つとなった。1885年の終演までにヨーロッパやアメリカで少なくとも150カンパニーが上演した。現在もサヴォイ劇場でしばしば上演されているだけでなく、アマチュア劇団や学校演劇でも演じられている。様々な言語に翻訳され、歌劇史上最も多く上演される作品の1つとなっている。
rdfs:label
  • ミカド (オペレッタ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of