Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マールブルク(Marburg、1977年まではMarburg (Lahn)が公式名称であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州中部マールブルク=ビーデンコプフ郡の郡庁所在都市である。総合大学がある「ウニヴェルジテーツシュタット (Universitätsstadt)」(大学都市)である。ラーン川の河畔に位置する人口約 8 万人のこの都市は、ヘッセン州で7番目に大きな都市である。市域はラーン川の両岸に広がっており、西はグラーデンバッハ山地の中、東はラーンベルク(ラーン山地)を越えてアメーネブルク盆地の端にまで達している。マールブルクは13世紀から都市権を有している。現在この街はギーセン行政管区の上級中心都市の機能を担っている。大きな中規模都市であるマールブルクは、ヘッセン州内の他の6つの中規模都市と共に、郡所属市としては特殊な地位にある。本市は郡の業務も処理しており、このため多くの点において郡独立市と同様の機能を有している。マールブルクには、プロテスタントが設立した総合大学で、現存する中で最も古いフィリップ大学マールブルクがあり、その建物や学生は現在も街の風景を創り出している。マールブルク (Marburg) の名前は、この街がかつてのテューリンゲン方伯領とマインツ大司教領との境界 ("mar(c)") に位置していることに由来する。マールブルクの特筆すべき見所としては、聖エリーザベト教会、旧大学校舎、方伯の城とその麓に位置する地元では「オーバーシュタット」と呼ばれる旧市街が挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 510564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 63290 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56135021 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:aprMeanC
  • 8.400000 (xsd:double)
prop-ja:aprPrecipitationMm
  • 54.700000 (xsd:double)
prop-ja:aprSun
  • 155.300000 (xsd:double)
prop-ja:augMeanC
  • 17.100000 (xsd:double)
prop-ja:augPrecipitationMm
  • 64.400000 (xsd:double)
prop-ja:augSun
  • 188.200000 (xsd:double)
prop-ja:decMeanC
  • 1.500000 (xsd:double)
prop-ja:decPrecipitationMm
  • 74.700000 (xsd:double)
prop-ja:decSun
  • 30.900000 (xsd:double)
prop-ja:febMeanC
  • 1.300000 (xsd:double)
prop-ja:febPrecipitationMm
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:febSun
  • 68.200000 (xsd:double)
prop-ja:janMeanC
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:janPrecipitationMm
  • 60.900000 (xsd:double)
prop-ja:janSun
  • 34.500000 (xsd:double)
prop-ja:julMeanC
  • 17.700000 (xsd:double)
prop-ja:julPrecipitationMm
  • 70.600000 (xsd:double)
prop-ja:julSun
  • 193 (xsd:integer)
prop-ja:junMeanC
  • 16.200000 (xsd:double)
prop-ja:junPrecipitationMm
  • 70.200000 (xsd:double)
prop-ja:junSun
  • 181.100000 (xsd:double)
prop-ja:location
  • マールブルク
prop-ja:marMeanC
  • 4.500000 (xsd:double)
prop-ja:marPrecipitationMm
  • 60.400000 (xsd:double)
prop-ja:marSun
  • 106.800000 (xsd:double)
prop-ja:mayMeanC
  • 12.900000 (xsd:double)
prop-ja:mayPrecipitationMm
  • 69.100000 (xsd:double)
prop-ja:maySun
  • 190.800000 (xsd:double)
prop-ja:metricFirst
  • Y
prop-ja:novMeanC
  • 4.400000 (xsd:double)
prop-ja:novPrecipitationMm
  • 68.500000 (xsd:double)
prop-ja:novSun
  • 40.300000 (xsd:double)
prop-ja:octMeanC
  • 9.300000 (xsd:double)
prop-ja:octPrecipitationMm
  • 58.300000 (xsd:double)
prop-ja:octSun
  • 95.400000 (xsd:double)
prop-ja:sepMeanC
  • 13.800000 (xsd:double)
prop-ja:sepPrecipitationMm
  • 54.100000 (xsd:double)
prop-ja:sepSun
  • 140.100000 (xsd:double)
prop-ja:singleLine
  • Y
prop-ja:source
  • 平均気温 – ドイツ気象庁 マールブルク=ヴェールダ、日照時間 – DWD マールブルク=ヴェールダ、降水量 – DWD マールブルク=ヴェールダ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearMeanC
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:yearPrecipitationMm
  • 755.900000 (xsd:double)
prop-ja:yearSun
  • 1425.600000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マールブルク(Marburg、1977年まではMarburg (Lahn)が公式名称であった)は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州中部マールブルク=ビーデンコプフ郡の郡庁所在都市である。総合大学がある「ウニヴェルジテーツシュタット (Universitätsstadt)」(大学都市)である。ラーン川の河畔に位置する人口約 8 万人のこの都市は、ヘッセン州で7番目に大きな都市である。市域はラーン川の両岸に広がっており、西はグラーデンバッハ山地の中、東はラーンベルク(ラーン山地)を越えてアメーネブルク盆地の端にまで達している。マールブルクは13世紀から都市権を有している。現在この街はギーセン行政管区の上級中心都市の機能を担っている。大きな中規模都市であるマールブルクは、ヘッセン州内の他の6つの中規模都市と共に、郡所属市としては特殊な地位にある。本市は郡の業務も処理しており、このため多くの点において郡独立市と同様の機能を有している。マールブルクには、プロテスタントが設立した総合大学で、現存する中で最も古いフィリップ大学マールブルクがあり、その建物や学生は現在も街の風景を創り出している。マールブルク (Marburg) の名前は、この街がかつてのテューリンゲン方伯領とマインツ大司教領との境界 ("mar(c)") に位置していることに由来する。マールブルクの特筆すべき見所としては、聖エリーザベト教会、旧大学校舎、方伯の城とその麓に位置する地元では「オーバーシュタット」と呼ばれる旧市街が挙げられる。
rdfs:label
  • マールブルク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:deathPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of