Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーベリー対マディソン事件 (Marbury v. Madison, 5 U.S. 137(1803)) は、アメリカ合衆国最高裁判所の判決で、世界で初めて違憲審査制を確立した事件として有名である。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 834585 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3081 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47315273 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • William Marbury v. James Madison, Secretary of State of the United States
  • (マーベリー対マディソン事件)
prop-ja:判例集
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:参照法条
  • アメリカ合衆国憲法第1章、第3章、裁判所法13条(Judiciary Act of 1789 § 13)
prop-ja:多数意見
  • マーシャル
prop-ja:多数意見賛同
  • (クッシングとムーアは意見と裁判に参加していない。)
  • パターソン、チェイス、ワシントン
prop-ja:少数意見
prop-ja:裁判官
prop-ja:裁判年月日
  • --02-24
prop-ja:裁判要旨
  • 1789 (xsd:integer)
prop-ja:訴訟当事者
  • マーベリー対マディソン
prop-ja:首席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーベリー対マディソン事件 (Marbury v. Madison, 5 U.S. 137(1803)) は、アメリカ合衆国最高裁判所の判決で、世界で初めて違憲審査制を確立した事件として有名である。
rdfs:label
  • マーベリー対マディソン事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of