Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーティン・シュヴァルツシルト(Martin Schwarzschild、1912年5月31日 – 1997年4月10日)はドイツ生まれのアメリカ合衆国の天文物理学者。恒星の構造と生成の分野で業績をあげた。ポツダムに、ユダヤ系ドイツ人(ユダヤ系)の天文学者カール・シュヴァルツシルトの息子として生まれた。父親が1916年に没するとゲッティンゲンに家族と移り、ゲッティンゲンとベルリンで学び、1935年にゲッティンゲン大学で学位を得た。ユダヤ系であったので1936年アメリカへ移住し、1942年アメリカ市民権を得た。1947年からプリンストン大学で研究した。星の構造と進化の理論的研究を行い、赤色巨星生成の理論などを解明した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 476545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57916041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーティン・シュヴァルツシルト(Martin Schwarzschild、1912年5月31日 – 1997年4月10日)はドイツ生まれのアメリカ合衆国の天文物理学者。恒星の構造と生成の分野で業績をあげた。ポツダムに、ユダヤ系ドイツ人(ユダヤ系)の天文学者カール・シュヴァルツシルトの息子として生まれた。父親が1916年に没するとゲッティンゲンに家族と移り、ゲッティンゲンとベルリンで学び、1935年にゲッティンゲン大学で学位を得た。ユダヤ系であったので1936年アメリカへ移住し、1942年アメリカ市民権を得た。1947年からプリンストン大学で研究した。星の構造と進化の理論的研究を行い、赤色巨星生成の理論などを解明した。
rdfs:label
  • マーティン・シュヴァルツシルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of