Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、略称:MRO)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機である。この探査機は、NASAジェット推進研究所の管轄の下に、7.2億ドルの予算で、ロッキード・マーティン社によって作られた。MROは、2005年8月12日に打ち上げられ、2006年3月10日に、火星の周回軌道に到達した。2006年8月、空力ブレーキにより、同年11月より開始される、科学観測に適した周回軌道に移ることに成功した。名前のリコネッサンス (reconnaissance) とは「偵察」、「予備調査」の意味をもち、その名の通り偵察衛星なみの高解像度カメラを搭載し、後続の地上探査機のための着陸地点の候補地を調査することを主要な目的のひとつとしている。 リコネッサンスはリコネサンス、リコナイサンスと表記されていることもある。マーズ・リコネッサンス・オービターの火星到達時、マーズ・エクスプレス、2001マーズ・オデッセイ、マーズ・グローバル・サーベイヤーと、2つのマーズ・エクスプロレーション・ローバーの、計5機が火星で活動していた。これによりこの時期、宇宙探査の歴史上、最も多くの探査機が地球以外の惑星上および軌道上で活動していることになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 668560 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 84 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53268197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:noradNo
  • 28788 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主製造業者
prop-ja:公式ページ
prop-ja:名称
  • Mars Reconnaissance Orbiter
  • オービター
  • マーズ・リコネッサンス・
prop-ja:周回対象
  • 火星
prop-ja:国際標識番号
  • 2005 (xsd:integer)
prop-ja:姿勢制御方式
  • 三軸姿勢制御
prop-ja:所属
prop-ja:打上げ場所
prop-ja:打上げ日時
  • 7 (xsd:integer)
  • --08-12
prop-ja:打上げ機
prop-ja:物理的特長
  • 物理的特徴
prop-ja:状態
  • 運用中
prop-ja:画像
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像の注釈
  • マーズ・リコネッサンス・オービター
prop-ja:発生電力
  • ニッケル・水素充電池 50A/h
  • 太陽電池 1,000W
prop-ja:目的
prop-ja:観測対象
  • 火星
prop-ja:質量
  • 1031 (xsd:integer)
prop-ja:軌道
  • 極軌道
prop-ja:軌道投入日
  • 16 (xsd:integer)
  • --03-10
prop-ja:軌道要素
  • 軌道要素
prop-ja:近点高度
  • 250.0
prop-ja:遠点高度
  • 316.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーズ・リコネッサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter、略称:MRO)は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が開発した、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機である。この探査機は、NASAジェット推進研究所の管轄の下に、7.2億ドルの予算で、ロッキード・マーティン社によって作られた。MROは、2005年8月12日に打ち上げられ、2006年3月10日に、火星の周回軌道に到達した。2006年8月、空力ブレーキにより、同年11月より開始される、科学観測に適した周回軌道に移ることに成功した。名前のリコネッサンス (reconnaissance) とは「偵察」、「予備調査」の意味をもち、その名の通り偵察衛星なみの高解像度カメラを搭載し、後続の地上探査機のための着陸地点の候補地を調査することを主要な目的のひとつとしている。 リコネッサンスはリコネサンス、リコナイサンスと表記されていることもある。マーズ・リコネッサンス・オービターの火星到達時、マーズ・エクスプレス、2001マーズ・オデッセイ、マーズ・グローバル・サーベイヤーと、2つのマーズ・エクスプロレーション・ローバーの、計5機が火星で活動していた。これによりこの時期、宇宙探査の歴史上、最も多くの探査機が地球以外の惑星上および軌道上で活動していることになった。
rdfs:label
  • マーズ・リコネッサンス・オービター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:payloads of
is foaf:primaryTopic of