Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マージョリー・コックス・クロフォード(Marjorie Cox Crawford)は、オーストラリアの女子テニス選手。1925年から1933年にかけて、全豪選手権(現在の全豪オープンテニス)で活躍した。旧姓「マージョリー・コックス」(Marjorie Cox)といい、1930年に男子の名選手ジャック・クロフォードと結婚した。彼女は夫婦ペアの混合ダブルス3連覇(5年連続決勝進出)でよく知られるが、1931年の女子シングルス準優勝もあった。妻のマージョリーについては、生没年月日など、伝記的な事柄の分かる資料がほとんど残っていない。全豪選手権では1922年から女子競技が始まり、女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門が増設された。マージョリー・コックスが全豪選手権に初参加したのは1925年で、女子競技の第4回大会からである。2度目の出場となった1926年、コックスは女子ダブルスでダフネ・アクハーストとペアを組み、初めての決勝戦に進んだが、ここではエスナ・ボイド&メリル・オハラウッド(パット・オハラウッドの夫人)に 3-6, 8-6, 6-8 で敗れた。1929年から、コックスは混合ダブルスでジャック・クロフォードとペアを組み始める。最初は1929年・1930年と2年連続で準優勝止まりだったが、この後2人は結婚した。1931年から、彼女の名前は「マージョリー・コックス・クロフォード」(または、マージョリー・クロフォード)で記載されている。結婚後の1931年全豪選手権で、ジャックとマージョリーは夫婦ペアとして混合ダブルス初優勝を遂げ、2人とも男女シングルスの決勝に進んだ。マージョリーはコラル・バッツワースに 6-1, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、女子シングルスの準優勝者になったが、夫のジャックはハリー・ホップマンを破って男子シングルス初優勝を遂げた。1931年から1933年まで、ジャックとマージョリーの夫婦は混合ダブルス3連覇、ジャックは男子シングルス3連覇を成し遂げた。マージョリーは1932年の女子ダブルスで、バッツワースとペアを組んで初優勝し、この年に女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。全豪選手権以外の4大大会では、彼女は1932年ウィンブルドン選手権の初戦敗退と1933年全仏選手権の2回戦があり、全仏選手権とウィンブルドン選手権には1度ずつ出場記録がある。全米選手権には1度も出場していない。マージョリー・クロフォードは1933年全豪選手権で混合ダブルス3連覇を達成した後(シングルスは2回戦敗退)、1933年全仏選手権の2回戦敗退を最後にテニス界を退いたが、国際テニス殿堂入りした夫のジャックとは対照的に、妻のマージョリーについては引退後の様子がほとんど分からない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1271163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2577 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55937776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ウィンブルドン
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ダブルス優勝回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全仏オープン
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:全豪オープン
  • 準優勝(1931)
prop-ja:全豪オープンダブルス
  • 優勝(1932)
prop-ja:全豪オープン混合ダブルス
  • 優勝(1931-33)
prop-ja:写真
  • Marjorie Cox Crawford 1933.jpeg
prop-ja:利き手
prop-ja:没年日
  • 不明
prop-ja:混合ダブルス優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:誕生日
  • 不明
prop-ja:選手名(日本語)_
  • マージョリー・コックス・クロフォード
prop-ja:選手名(英語)_
  • Marjorie Cox Crawford
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マージョリー・コックス・クロフォード(Marjorie Cox Crawford)は、オーストラリアの女子テニス選手。1925年から1933年にかけて、全豪選手権(現在の全豪オープンテニス)で活躍した。旧姓「マージョリー・コックス」(Marjorie Cox)といい、1930年に男子の名選手ジャック・クロフォードと結婚した。彼女は夫婦ペアの混合ダブルス3連覇(5年連続決勝進出)でよく知られるが、1931年の女子シングルス準優勝もあった。妻のマージョリーについては、生没年月日など、伝記的な事柄の分かる資料がほとんど残っていない。全豪選手権では1922年から女子競技が始まり、女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門が増設された。マージョリー・コックスが全豪選手権に初参加したのは1925年で、女子競技の第4回大会からである。2度目の出場となった1926年、コックスは女子ダブルスでダフネ・アクハーストとペアを組み、初めての決勝戦に進んだが、ここではエスナ・ボイド&メリル・オハラウッド(パット・オハラウッドの夫人)に 3-6, 8-6, 6-8 で敗れた。1929年から、コックスは混合ダブルスでジャック・クロフォードとペアを組み始める。最初は1929年・1930年と2年連続で準優勝止まりだったが、この後2人は結婚した。1931年から、彼女の名前は「マージョリー・コックス・クロフォード」(または、マージョリー・クロフォード)で記載されている。結婚後の1931年全豪選手権で、ジャックとマージョリーは夫婦ペアとして混合ダブルス初優勝を遂げ、2人とも男女シングルスの決勝に進んだ。マージョリーはコラル・バッツワースに 6-1, 3-6, 4-6 の逆転で敗れ、女子シングルスの準優勝者になったが、夫のジャックはハリー・ホップマンを破って男子シングルス初優勝を遂げた。1931年から1933年まで、ジャックとマージョリーの夫婦は混合ダブルス3連覇、ジャックは男子シングルス3連覇を成し遂げた。マージョリーは1932年の女子ダブルスで、バッツワースとペアを組んで初優勝し、この年に女子ダブルス・混合ダブルスの2冠を獲得した。全豪選手権以外の4大大会では、彼女は1932年ウィンブルドン選手権の初戦敗退と1933年全仏選手権の2回戦があり、全仏選手権とウィンブルドン選手権には1度ずつ出場記録がある。全米選手権には1度も出場していない。マージョリー・クロフォードは1933年全豪選手権で混合ダブルス3連覇を達成した後(シングルスは2回戦敗退)、1933年全仏選手権の2回戦敗退を最後にテニス界を退いたが、国際テニス殿堂入りした夫のジャックとは対照的に、妻のマージョリーについては引退後の様子がほとんど分からない。
rdfs:label
  • マージョリー・コックス・クロフォード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of