Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーク・ブルックス(Mark Brooks, 1961年3月25日 - )は、アメリカ・テキサス州フォートワース出身のプロゴルファー。1996年の全米プロゴルフ選手権優勝者である。これまでにアメリカPGAツアーで7勝を挙げているが、現時点では1996年全米プロゴルフ選手権が最後のPGAツアー優勝になっている。身長175cm、体重68kg。テキサス大学を卒業後、1983年にプロ入り。1988年7月に「キャノン・グレーター・ハートフォード・オープン」にて、3人の選手によるプレーオフを制してPGAツアー初優勝を果たす。3年後の1991年に「Kマート・グレーター・グリーンズボロ・オープン」と「グレーター・ミルウォーキー・オープン」で年間2勝を獲得し、1994年6月の「ケンパー・オープン」で3年ぶりのツアー4勝目を挙げる。1995年は全英オープンゴルフで3位タイに入った。1996年、ブルックスは35歳でゴルフ経歴のハイライトを迎え、1月の「ボブ・ホープ・クライスラー・クラシック」、5月初頭の「シェル・ヒューストン・オープン」、8月の全米プロゴルフ選手権で年間3勝を挙げた。1996年全米プロゴルフ選手権の開催コースは、ケンタッキー州ルイビルにある「バルハラ・ゴルフクラブ」(パー72)であった。ブルックスは 11 アンダーパー(-11, 68+70+69+70=277ストローク)でケニー・ペリー(アメリカ)とのプレーオフに進み、最初のホール(14番ホールを使用)でペリーを破ってメジャー大会初優勝を決めた。こうしてブルックスは1996年度のPGAツアー賞金ランキングで「3位」に入り、1位トム・レーマン、2位フィル・ミケルソンに続く位置につけた。この年はプレジデンツカップのアメリカ代表選手にも起用され、彼にとって唯一のチーム戦出場もあった。全米プロゴルフ選手権の優勝を最後に、ブルックスはPGAツアーの優勝から遠ざかり、1997年以後はツアー賞金ランキング・世界ランキングともに下降の一途をたどった。5年後の2001年全米オープンゴルフで、彼に久々のチャンスが訪れる。この年の全米オープン開催コースはオクラホマ州タルサにある「サザンヒルズ・カントリークラブ」(パー70)であった。ブルックスは第2ラウンドで64(6アンダー)の好スコアを出し、4日間通算 4 アンダーパー(-4, 72+64+70+70=276ストローク)で回った。初日から首位に立っていた最終組のレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、最終18番ホールで50センチのパーパットを外したため、ブルックスとグーセンの2人がプレーオフを戦うことになった。全米オープンのプレーオフは(他のトーナメントと異なり)もう1ラウンド(18ホール)プレーする方式で行われるが、ブルックスはプレーオフでグーセンに敗れ、メジャー2勝目のチャンスを逃した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1737657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3232 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52427459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:プロ転向
  • 1983 (xsd:integer)
prop-ja:ラテン文字
  • Mark Brooks
prop-ja:世界ランキング最高位
  • 21 (xsd:integer)
prop-ja:体重
  • 68.0
prop-ja:優勝歴
  • メジャー:1996年全米プロゴルフ
  • 米国PGAツアー:7勝
prop-ja:出身地
  • アメリカ・テキサス州フォートワース
prop-ja:初優勝
  • 1988 (xsd:integer)
  • ハートフォード・オープン
prop-ja:利き手
prop-ja:名前
  • マーク・ブルックス
prop-ja:生年月日
  • 1961-03-25 (xsd:date)
prop-ja:賞金ランキング最高位
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:身長
  • 175.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーク・ブルックス(Mark Brooks, 1961年3月25日 - )は、アメリカ・テキサス州フォートワース出身のプロゴルファー。1996年の全米プロゴルフ選手権優勝者である。これまでにアメリカPGAツアーで7勝を挙げているが、現時点では1996年全米プロゴルフ選手権が最後のPGAツアー優勝になっている。身長175cm、体重68kg。テキサス大学を卒業後、1983年にプロ入り。1988年7月に「キャノン・グレーター・ハートフォード・オープン」にて、3人の選手によるプレーオフを制してPGAツアー初優勝を果たす。3年後の1991年に「Kマート・グレーター・グリーンズボロ・オープン」と「グレーター・ミルウォーキー・オープン」で年間2勝を獲得し、1994年6月の「ケンパー・オープン」で3年ぶりのツアー4勝目を挙げる。1995年は全英オープンゴルフで3位タイに入った。1996年、ブルックスは35歳でゴルフ経歴のハイライトを迎え、1月の「ボブ・ホープ・クライスラー・クラシック」、5月初頭の「シェル・ヒューストン・オープン」、8月の全米プロゴルフ選手権で年間3勝を挙げた。1996年全米プロゴルフ選手権の開催コースは、ケンタッキー州ルイビルにある「バルハラ・ゴルフクラブ」(パー72)であった。ブルックスは 11 アンダーパー(-11, 68+70+69+70=277ストローク)でケニー・ペリー(アメリカ)とのプレーオフに進み、最初のホール(14番ホールを使用)でペリーを破ってメジャー大会初優勝を決めた。こうしてブルックスは1996年度のPGAツアー賞金ランキングで「3位」に入り、1位トム・レーマン、2位フィル・ミケルソンに続く位置につけた。この年はプレジデンツカップのアメリカ代表選手にも起用され、彼にとって唯一のチーム戦出場もあった。全米プロゴルフ選手権の優勝を最後に、ブルックスはPGAツアーの優勝から遠ざかり、1997年以後はツアー賞金ランキング・世界ランキングともに下降の一途をたどった。5年後の2001年全米オープンゴルフで、彼に久々のチャンスが訪れる。この年の全米オープン開催コースはオクラホマ州タルサにある「サザンヒルズ・カントリークラブ」(パー70)であった。ブルックスは第2ラウンドで64(6アンダー)の好スコアを出し、4日間通算 4 アンダーパー(-4, 72+64+70+70=276ストローク)で回った。初日から首位に立っていた最終組のレティーフ・グーセン(南アフリカ)が、最終18番ホールで50センチのパーパットを外したため、ブルックスとグーセンの2人がプレーオフを戦うことになった。全米オープンのプレーオフは(他のトーナメントと異なり)もう1ラウンド(18ホール)プレーする方式で行われるが、ブルックスはプレーオフでグーセンに敗れ、メジャー2勝目のチャンスを逃した。
rdfs:label
  • マーク・ブルックス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of