マーク・ダナヒュー(Mark Donohue, 1937年3月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ合衆国出身のカーレーサー。1972年のインディ500のウィナー、及び1973年のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)チャンピオン。 インディ500、フォーミュラ1、Can-Am、NASCARなど様々なモータースポーツカテゴリで活躍した。 1975年8月17日、F1オーストリアグランプリの予選中にクラッシュを起こし、マーシャル1人が破片を受けて死亡、別のマーシャル1人が負傷した。ダナヒューは自力歩行や会話が可能で、事故の状況について左前輪がパンクを起こしたとチームに語っていた。目立った外傷もなく当初は軽い脳震盪と見られていたが、次第に頭痛が酷くなった上に痙攣を起こし意識を失った。病院で緊急手術を受けたものの、頭部強打に伴う血栓症とその合併症のため事故から2日後の8月19日に死去した。38歳没。

Property Value
dbo:abstract
  • マーク・ダナヒュー(Mark Donohue, 1937年3月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ合衆国出身のカーレーサー。1972年のインディ500のウィナー、及び1973年のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)チャンピオン。 インディ500、フォーミュラ1、Can-Am、NASCARなど様々なモータースポーツカテゴリで活躍した。 1975年8月17日、F1オーストリアグランプリの予選中にクラッシュを起こし、マーシャル1人が破片を受けて死亡、別のマーシャル1人が負傷した。ダナヒューは自力歩行や会話が可能で、事故の状況について左前輪がパンクを起こしたとチームに語っていた。目立った外傷もなく当初は軽い脳震盪と見られていたが、次第に頭痛が酷くなった上に痙攣を起こし意識を失った。病院で緊急手術を受けたものの、頭部強打に伴う血栓症とその合併症のため事故から2日後の8月19日に死去した。38歳没。 (ja)
  • マーク・ダナヒュー(Mark Donohue, 1937年3月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ合衆国出身のカーレーサー。1972年のインディ500のウィナー、及び1973年のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)チャンピオン。 インディ500、フォーミュラ1、Can-Am、NASCARなど様々なモータースポーツカテゴリで活躍した。 1975年8月17日、F1オーストリアグランプリの予選中にクラッシュを起こし、マーシャル1人が破片を受けて死亡、別のマーシャル1人が負傷した。ダナヒューは自力歩行や会話が可能で、事故の状況について左前輪がパンクを起こしたとチームに語っていた。目立った外傷もなく当初は軽い脳震盪と見られていたが、次第に頭痛が酷くなった上に痙攣を起こし意識を失った。病院で緊急手術を受けたものの、頭部強打に伴う血栓症とその合併症のため事故から2日後の8月19日に死去した。38歳没。 (ja)
dbo:predecessor
dbo:successor
dbo:wikiPageID
  • 1796965 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5782 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78415627 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:f1デビュー戦
  • 1971 (xsd:integer)
prop-ja:imageSize
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1972 (xsd:integer)
  • 1973 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:フルネーム
  • マーク・ダナヒュー (ja)
  • マーク・ダナヒュー (ja)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・ニュージャージー州ハッドン (ja)
  • 同・ニュージャージー州ハッドン (ja)
prop-ja:
  • 19711974 (xsd:integer)
prop-ja:所属チーム
  • '71 マクラーレン (ja)
  • '74-'75 ペンスキー (ja)
  • '75 マーチ (ja)
  • '71 マクラーレン (ja)
  • '74-'75 ペンスキー (ja)
  • '75 マーチ (ja)
prop-ja:最終戦
  • 1975 (xsd:integer)
prop-ja:氏名
  • マーク・ダナヒュー (ja)
  • マーク・ダナヒュー (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1975-08-19 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1937-05-18 (xsd:date)
prop-ja:表彰台回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 8 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マーク・ダナヒュー(Mark Donohue, 1937年3月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ合衆国出身のカーレーサー。1972年のインディ500のウィナー、及び1973年のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)チャンピオン。 インディ500、フォーミュラ1、Can-Am、NASCARなど様々なモータースポーツカテゴリで活躍した。 1975年8月17日、F1オーストリアグランプリの予選中にクラッシュを起こし、マーシャル1人が破片を受けて死亡、別のマーシャル1人が負傷した。ダナヒューは自力歩行や会話が可能で、事故の状況について左前輪がパンクを起こしたとチームに語っていた。目立った外傷もなく当初は軽い脳震盪と見られていたが、次第に頭痛が酷くなった上に痙攣を起こし意識を失った。病院で緊急手術を受けたものの、頭部強打に伴う血栓症とその合併症のため事故から2日後の8月19日に死去した。38歳没。 (ja)
  • マーク・ダナヒュー(Mark Donohue, 1937年3月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ合衆国出身のカーレーサー。1972年のインディ500のウィナー、及び1973年のカナディアン-アメリカン・チャレンジカップ(Can-Am)チャンピオン。 インディ500、フォーミュラ1、Can-Am、NASCARなど様々なモータースポーツカテゴリで活躍した。 1975年8月17日、F1オーストリアグランプリの予選中にクラッシュを起こし、マーシャル1人が破片を受けて死亡、別のマーシャル1人が負傷した。ダナヒューは自力歩行や会話が可能で、事故の状況について左前輪がパンクを起こしたとチームに語っていた。目立った外傷もなく当初は軽い脳震盪と見られていたが、次第に頭痛が酷くなった上に痙攣を起こし意識を失った。病院で緊急手術を受けたものの、頭部強打に伴う血栓症とその合併症のため事故から2日後の8月19日に死去した。38歳没。 (ja)
rdfs:label
  • マーク・ダナヒュー (ja)
  • マーク・ダナヒュー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:ドライバー of
is foaf:primaryTopic of