Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーク・グラノヴェッター (Mark Granovetter、1943年10月20日 - ) はアメリカ合衆国の社会学者。スタンフォード大学社会学部教授で、現代の社会学に大きな影響を与えた。彼の唱えた中で、最も洞察力を見せた説は「弱い紐帯の強み」(1973年)として知られる、共同体の中での情報の伝播に関するものである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 467853 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54530011 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーク・グラノヴェッター (Mark Granovetter、1943年10月20日 - ) はアメリカ合衆国の社会学者。スタンフォード大学社会学部教授で、現代の社会学に大きな影響を与えた。彼の唱えた中で、最も洞察力を見せた説は「弱い紐帯の強み」(1973年)として知られる、共同体の中での情報の伝播に関するものである。
rdfs:label
  • マーク・グラノヴェッター
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of