Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マーキュリー計画は1959年から1963年にかけて実施された、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行計画である。これはアメリカとソビエト連邦の間でくり広げられた宇宙開発競争の初期の焦点であり、人間を地球周回軌道上に送り安全に帰還させることを、理想的にはソ連よりも先に達成することを目標としていた。計画は、空軍から事業を引き継いだ新設の非軍事機関NASAによって実行され、20回の無人飛行 (実験動物を乗せたものを含む)、およびマーキュリー・セブンと呼ばれるアメリカ初の宇宙飛行士たちを搭乗させた6回の有人飛行が行われた。宇宙開発競争は、1957年にソ連が人工衛星スプートニク1号を発射したことにより始まった。この事件はアメリカ国民に衝撃を与え、その結果NASAが創設され、当時行われていた宇宙開発計画は文民統制の下で推進されることとなった。1958年、NASAは人工衛星エクスプローラー1号の発射に成功し、次なる目標は有人宇宙飛行となった。だが初めて人間を宇宙に送ったのは、またしてもソ連であった。1961年4月、史上初の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンの乗るボストーク1号が地球を1周した。この直後の5月5日、アメリカ初の宇宙飛行士アラン・シェパードが搭乗するマーキュリー・レッドストーン3号が弾道飛行を行った。同年8月、ソ連はゲルマン・チトフを飛行させ1日間の宇宙滞在に成功した。アメリカが衛星軌道に到達したのは翌1962年2月20日のことで、ジョン・グレンが地球を3周した。マーキュリー計画が終了した1963年の時点で両国はそれぞれ6人の飛行士を宇宙に送っていたが、アメリカは宇宙での総滞在時間という点で依然としてソ連に後れを取っていた。マーキュリー宇宙船を設計したのは、マクドネル・エアクラフト社であった。円錐の形状をした船内は完全に与圧され、水、酸素、食料などの補給物資を約1日間にわたり飛行士に供給した。打ち上げはフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地で行われ、発射機にはレッドストーンミサイルまたはアトラスDミサイルを改良したロケットが使用された。また宇宙船の先には、ロケットが故障するなどの緊急事態が発生した際に飛行士を安全に脱出させるための緊急脱出用ロケットが取りつけられていた。飛行手順は、追跡および通信の基地である有人宇宙飛行ネットワークを経由して地上からコントロールされるように設計されていたが、機内にもバックアップのための制御装置が搭載されていた。帰還の際には、小型の逆噴射用ロケットを点火して軌道から離脱した。また機体の底部には溶融式の耐熱保護板が取りつけられており、大気圏再突入時の高温から宇宙船を守った。最終的にはパラシュートが開いて海上に着水し、近隣にいる海軍の艦船のヘリコプターが宇宙船と飛行士を回収した。計画名は、ローマ神話の旅行の神メルクリウス (Mercurius, マーキュリー) からつけられた。マーキュリーは翼の生えた靴を履き、高速で移動すると言われている。計画の総費用は16億ドル (2010年の貨幣価値で換算) で、およそ200万人の人間が関わった。宇宙飛行士たちはマーキュリー・セブンの名で知られ、各宇宙船には「7」で終わる名称が、それぞれの飛行士によってつけられた。開始当初こそ屈辱的な失敗が連続して進行は遅れたものの、計画は次第に知名度を得、テレビやラジオで世界中に報道されるようになった。この後の二人乗りの宇宙船を使用するジェミニ計画では、月飛行で必要となる宇宙空間でのランデブーやドッキングが実行された。マーキュリー計画はその基礎を築いたと言える。さらにアポロ計画の開始が発表されたのは、マーキュリーが初の有人宇宙飛行を成功させた数週間後のことだった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6494 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 62994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59162648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:above
  • マーキュリー計画
prop-ja:data
prop-ja:label
  • dbpedia-ja:宇宙飛行士
  • 使用ロケット
  • 受注企業
  • 実施国
  • 対抗者
  • 後続計画
  • 搭乗員数
  • 期間
  • 目標
  • 経費
  • 結果
prop-ja:scale
  • 330 (xsd:integer)
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:text
  • 10 (xsd:integer)
  • クリーブランド
  • セントルイス
  • ロサンゼルス
  • サンディエゴ
  • /
  • アイランド
  • アラモゴード
  • オーロラ7
  • グリーンベルト
  • ケープ・カナベラル
  • シグマ7
  • ジョンスビル
  • ハワイ
  • ハンツビル
  • ハンプトン
  • フェイス7
  • フリーダム7
  • フレンドシップ7
  • リバティ・ベル7
  • ワロップス
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:x
  • 0.020000 (xsd:double)
  • 0.025000 (xsd:double)
  • 0.045000 (xsd:double)
  • 0.050000 (xsd:double)
  • 0.070000 (xsd:double)
  • 0.090000 (xsd:double)
  • 0.100000 (xsd:double)
  • 0.120000 (xsd:double)
  • 0.280000 (xsd:double)
  • 0.320000 (xsd:double)
  • 0.430000 (xsd:double)
  • 0.495000 (xsd:double)
  • 0.560000 (xsd:double)
  • 0.570000 (xsd:double)
  • 0.610000 (xsd:double)
  • 0.645000 (xsd:double)
  • 0.650000 (xsd:double)
  • 0.685000 (xsd:double)
  • 0.690000 (xsd:double)
  • 0.700000 (xsd:double)
  • 0.715000 (xsd:double)
  • 0.725000 (xsd:double)
  • 0.730000 (xsd:double)
  • 0.755000 (xsd:double)
  • 0.770000 (xsd:double)
  • 0.780000 (xsd:double)
  • 0.790000 (xsd:double)
  • 0.810000 (xsd:double)
  • 0.815000 (xsd:double)
  • 0.820000 (xsd:double)
  • 0.825000 (xsd:double)
  • 0.830000 (xsd:double)
  • 0.840000 (xsd:double)
  • 0.850000 (xsd:double)
  • 0.870000 (xsd:double)
  • 0.880000 (xsd:double)
prop-ja:y
  • 0.145000 (xsd:double)
  • 0.175000 (xsd:double)
  • 0.180000 (xsd:double)
  • 0.185000 (xsd:double)
  • 0.190000 (xsd:double)
  • 0.205000 (xsd:double)
  • 0.220000 (xsd:double)
  • 0.225000 (xsd:double)
  • 0.230000 (xsd:double)
  • 0.245000 (xsd:double)
  • 0.250000 (xsd:double)
  • 0.255000 (xsd:double)
  • 0.260000 (xsd:double)
  • 0.270000 (xsd:double)
  • 0.275000 (xsd:double)
  • 0.295000 (xsd:double)
  • 0.300000 (xsd:double)
  • 0.310000 (xsd:double)
  • 0.315000 (xsd:double)
  • 0.320000 (xsd:double)
  • 0.325000 (xsd:double)
  • 0.340000 (xsd:double)
  • 0.370000 (xsd:double)
  • 0.380000 (xsd:double)
  • 0.395000 (xsd:double)
  • 0.410000 (xsd:double)
  • 0.420000 (xsd:double)
  • 0.425000 (xsd:double)
  • 0.455000 (xsd:double)
  • 0.495000 (xsd:double)
  • 0.530000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マーキュリー計画は1959年から1963年にかけて実施された、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行計画である。これはアメリカとソビエト連邦の間でくり広げられた宇宙開発競争の初期の焦点であり、人間を地球周回軌道上に送り安全に帰還させることを、理想的にはソ連よりも先に達成することを目標としていた。計画は、空軍から事業を引き継いだ新設の非軍事機関NASAによって実行され、20回の無人飛行 (実験動物を乗せたものを含む)、およびマーキュリー・セブンと呼ばれるアメリカ初の宇宙飛行士たちを搭乗させた6回の有人飛行が行われた。宇宙開発競争は、1957年にソ連が人工衛星スプートニク1号を発射したことにより始まった。この事件はアメリカ国民に衝撃を与え、その結果NASAが創設され、当時行われていた宇宙開発計画は文民統制の下で推進されることとなった。1958年、NASAは人工衛星エクスプローラー1号の発射に成功し、次なる目標は有人宇宙飛行となった。だが初めて人間を宇宙に送ったのは、またしてもソ連であった。1961年4月、史上初の宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンの乗るボストーク1号が地球を1周した。この直後の5月5日、アメリカ初の宇宙飛行士アラン・シェパードが搭乗するマーキュリー・レッドストーン3号が弾道飛行を行った。同年8月、ソ連はゲルマン・チトフを飛行させ1日間の宇宙滞在に成功した。アメリカが衛星軌道に到達したのは翌1962年2月20日のことで、ジョン・グレンが地球を3周した。マーキュリー計画が終了した1963年の時点で両国はそれぞれ6人の飛行士を宇宙に送っていたが、アメリカは宇宙での総滞在時間という点で依然としてソ連に後れを取っていた。マーキュリー宇宙船を設計したのは、マクドネル・エアクラフト社であった。円錐の形状をした船内は完全に与圧され、水、酸素、食料などの補給物資を約1日間にわたり飛行士に供給した。打ち上げはフロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地で行われ、発射機にはレッドストーンミサイルまたはアトラスDミサイルを改良したロケットが使用された。また宇宙船の先には、ロケットが故障するなどの緊急事態が発生した際に飛行士を安全に脱出させるための緊急脱出用ロケットが取りつけられていた。飛行手順は、追跡および通信の基地である有人宇宙飛行ネットワークを経由して地上からコントロールされるように設計されていたが、機内にもバックアップのための制御装置が搭載されていた。帰還の際には、小型の逆噴射用ロケットを点火して軌道から離脱した。また機体の底部には溶融式の耐熱保護板が取りつけられており、大気圏再突入時の高温から宇宙船を守った。最終的にはパラシュートが開いて海上に着水し、近隣にいる海軍の艦船のヘリコプターが宇宙船と飛行士を回収した。計画名は、ローマ神話の旅行の神メルクリウス (Mercurius, マーキュリー) からつけられた。マーキュリーは翼の生えた靴を履き、高速で移動すると言われている。計画の総費用は16億ドル (2010年の貨幣価値で換算) で、およそ200万人の人間が関わった。宇宙飛行士たちはマーキュリー・セブンの名で知られ、各宇宙船には「7」で終わる名称が、それぞれの飛行士によってつけられた。開始当初こそ屈辱的な失敗が連続して進行は遅れたものの、計画は次第に知名度を得、テレビやラジオで世界中に報道されるようになった。この後の二人乗りの宇宙船を使用するジェミニ計画では、月飛行で必要となる宇宙空間でのランデブーやドッキングが実行された。マーキュリー計画はその基礎を築いたと言える。さらにアポロ計画の開始が発表されたのは、マーキュリーが初の有人宇宙飛行を成功させた数週間後のことだった。
rdfs:label
  • マーキュリー計画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:data of
is prop-ja:function of
is prop-ja:payload of
is foaf:primaryTopic of