Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マンニトール (mannitol) は糖アルコールの一種である。 ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する。マンニット (mannite) とも呼ばれる。光学活性物質であり、天然に多く存在するエナンチオマーは D-マンニトールである。ソルビトールの異性体である。ヨーロッパから中近東にかけて自生するモクセイ科のマンナトネリコ(Manna Ash、Fraxinus ornus)の甘い樹液から発見・命名された。マンナトネリコの名はマナにちなむ。浸透圧調製剤・利尿剤であり、弱い腎臓血管拡張剤でもある。水溶液中ではプロトンを放出する性質を持つため、水溶液は酸性になる。このため、炭酸ナトリウムなど pH 調整剤を併用することが珍しくない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 495443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56692755 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [133-43-7](ラセミ体)
  • [643-01-6](L体)
  • [69-65-8](D体)
prop-ja:iupac名
  • -ヘキサン-1,2,3,4,5,6-ヘキサオール
prop-ja:name
  • D-マンニトール
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C6H14O6
prop-ja:分子量
  • 182.170000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • マンニット
prop-ja:形状
  • 無色 斜方晶 from エタノール
prop-ja:旋光度
  • +23.3 ~ +24.3
prop-ja:沸点
  • 290 (xsd:integer)
prop-ja:沸点注
  • /3.5 mmHg
prop-ja:画像
prop-ja:融点
  • 166 (xsd:integer)
prop-ja:融点注
  • (斜方晶 from エタノール)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マンニトール (mannitol) は糖アルコールの一種である。 ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する。マンニット (mannite) とも呼ばれる。光学活性物質であり、天然に多く存在するエナンチオマーは D-マンニトールである。ソルビトールの異性体である。ヨーロッパから中近東にかけて自生するモクセイ科のマンナトネリコ(Manna Ash、Fraxinus ornus)の甘い樹液から発見・命名された。マンナトネリコの名はマナにちなむ。浸透圧調製剤・利尿剤であり、弱い腎臓血管拡張剤でもある。水溶液中ではプロトンを放出する性質を持つため、水溶液は酸性になる。このため、炭酸ナトリウムなど pH 調整剤を併用することが珍しくない。
rdfs:label
  • マンニトール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of