Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マンスール・ウスマーン(? - 1453年?)は、エジプトを支配したブルジー・マムルーク朝の第13代スルタン(在位:1453年)。父は第10代・第12代スルタンのザーヒル・ジャクマク。1453年の父の死で即位する。しかし父親同様に失政を重ねたため(一説に貨幣の鋳造に失敗して物価騰貴を招いたとされる)、即位からわずか2ヶ月足らず(一説に43日)でマムルークやアミールらの支持を得たアシュラフ・イーナールの反乱を受けて廃された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2061325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49366529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1453年没
prop-ja:出典の明記
  • --03-07
prop-ja:独自研究
  • --03-07
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マンスール・ウスマーン(? - 1453年?)は、エジプトを支配したブルジー・マムルーク朝の第13代スルタン(在位:1453年)。父は第10代・第12代スルタンのザーヒル・ジャクマク。1453年の父の死で即位する。しかし父親同様に失政を重ねたため(一説に貨幣の鋳造に失敗して物価騰貴を招いたとされる)、即位からわずか2ヶ月足らず(一説に43日)でマムルークやアミールらの支持を得たアシュラフ・イーナールの反乱を受けて廃された。
rdfs:label
  • マンスール・ウスマーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of