Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マロン酸(マロンさん、Malonic acid)は、構造式 HOOC–CH2–COOH で表されるジカルボン酸の一種。常温常圧で無色の固体。融点より少し高温に熱すると熱分解して酢酸と二酸化炭素になる。塩の場合、マロナートもしくはマロネートと呼ぶ(malonates)。マロンの名称はギリシア語のリンゴに由来する。酢酸マロン酸経路を構成する物質の1つ。水などの極性溶媒によく溶ける。マロン酸は構造がコハク酸 HOOC–(CH2)2–COOHによく似ているため、生物体内のクエン酸回路においてコハク酸デヒドロゲナーゼの活性部位に(誤って)結合してしまう。そのため本来の基質であるコハク酸の代謝を阻害し(競争阻害)、細胞呼吸を妨害する。マロン酸のジエステルは活性メチレン化合物で、塩基によってメチレンプロトンを引き抜き、簡単にカルバニオンを発生させることができるため、炭素炭素結合の形成に使用される。詳しくはアセト酢酸エステル合成を参照のこと。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58677692 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 141 (xsd:integer)
prop-ja:iupac名
  • プロパン二酸
prop-ja:name
  • マロン酸
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:分子式
  • C3H4O4
prop-ja:分子量
  • 104.100000 (xsd:double)
prop-ja:密度
  • 1.600000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色の固体
prop-ja:水への溶解度
  • 139 (xsd:integer)
prop-ja:溶解度
  • g/100 mL
prop-ja:画像
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 固体
prop-ja:融点
  • 135 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マロン酸(マロンさん、Malonic acid)は、構造式 HOOC–CH2–COOH で表されるジカルボン酸の一種。常温常圧で無色の固体。融点より少し高温に熱すると熱分解して酢酸と二酸化炭素になる。塩の場合、マロナートもしくはマロネートと呼ぶ(malonates)。マロンの名称はギリシア語のリンゴに由来する。酢酸マロン酸経路を構成する物質の1つ。水などの極性溶媒によく溶ける。マロン酸は構造がコハク酸 HOOC–(CH2)2–COOHによく似ているため、生物体内のクエン酸回路においてコハク酸デヒドロゲナーゼの活性部位に(誤って)結合してしまう。そのため本来の基質であるコハク酸の代謝を阻害し(競争阻害)、細胞呼吸を妨害する。マロン酸のジエステルは活性メチレン化合物で、塩基によってメチレンプロトンを引き抜き、簡単にカルバニオンを発生させることができるため、炭素炭素結合の形成に使用される。詳しくはアセト酢酸エステル合成を参照のこと。
rdfs:label
  • マロン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of