Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルバス(Marbas)は、悪魔学における悪魔の一人。バルバス(Barbas)とも呼ばれる。『ゴエティア』によると、序列5番の地獄の大総裁。36の悪魔の軍団を率いるという。『大奥義書』によれば、ルキフゲ・ロフォカレの支配下にあるという。レジナルド・スコットの『妖術の開示』1655年版に記載されている、パイモン、バティン、バルマを呼び出し、その恩恵を受ける方法の中では、パイモンがマルバスの下位にある存在であると説明されている。召喚されると、強壮なライオンの姿で現れる。召喚者が命じれば、人間の姿を取る。隠されたものや秘密に関する質問に真摯に答えてくれる。また、疫病をもたらす力とそれを治す力を持ち、工芸に関する優れた知識も有しているとされる。人の姿を変化させることもできるという。シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』などの作品に登場するバルバスン(Barbason)は、マルバスのことだと考えられている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1793059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49067871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルバス(Marbas)は、悪魔学における悪魔の一人。バルバス(Barbas)とも呼ばれる。『ゴエティア』によると、序列5番の地獄の大総裁。36の悪魔の軍団を率いるという。『大奥義書』によれば、ルキフゲ・ロフォカレの支配下にあるという。レジナルド・スコットの『妖術の開示』1655年版に記載されている、パイモン、バティン、バルマを呼び出し、その恩恵を受ける方法の中では、パイモンがマルバスの下位にある存在であると説明されている。召喚されると、強壮なライオンの姿で現れる。召喚者が命じれば、人間の姿を取る。隠されたものや秘密に関する質問に真摯に答えてくれる。また、疫病をもたらす力とそれを治す力を持ち、工芸に関する優れた知識も有しているとされる。人の姿を変化させることもできるという。シェイクスピアの『ウィンザーの陽気な女房たち』などの作品に登場するバルバスン(Barbason)は、マルバスのことだと考えられている。
rdfs:label
  • マルバス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of