Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルテンサイト(英: martensite, α'鋼)は、Fe-C系炭素鋼を安定なオーステナイトから急冷する事によって得られる組織。体心正方格子の鉄の結晶中に炭素が侵入した固溶体で、硬くて脆い組織である。1891年にドイツの冶金学者アドルフ・マルテンス(Adolf Martens)により発見され、マルテンサイトという名称は、彼の名前から由来している。現在ではあまり使用されないが、組織形状が麻の葉に似ていることから、日本の冶金学者本多光太郎による麻留田(マルテン)という漢字の当て字がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 74053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57009452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルテンサイト(英: martensite, α'鋼)は、Fe-C系炭素鋼を安定なオーステナイトから急冷する事によって得られる組織。体心正方格子の鉄の結晶中に炭素が侵入した固溶体で、硬くて脆い組織である。1891年にドイツの冶金学者アドルフ・マルテンス(Adolf Martens)により発見され、マルテンサイトという名称は、彼の名前から由来している。現在ではあまり使用されないが、組織形状が麻の葉に似ていることから、日本の冶金学者本多光太郎による麻留田(マルテン)という漢字の当て字がある。
rdfs:label
  • マルテンサイト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of