マルチハザード(Multi hazard)とは、「国家または社会をとりまく危機的要因が多様化している状況及び時代的背景」を意味する概念である。 近年では世界的にも地震、風水害などの自然災害や、大事故やCBRNE災害、有事、或いは犯罪、感染症の拡大、食品の安全への不安、住環境の欠陥といった様々な危機が発生している。また、米中間における軍事的衝突の潜在的可能性もあり、マルチハザードという概念は、このような多様な危機に対処できる国または社会環境の整備が課題となったことにより用いられるようになったものである。 また派生した概念としてマルチハザード型の危機がとりまく時代背景や社会構造を指してマルチハザード時代やマルチハザード社会などという。とりわけ、こうした多角的な危機に対しては通常の災害対策のみならず、武力攻撃を含めた災害に対しては一元的に対応可能な危機管理体制整備が必要であるといわれ、近年ではこうした多角的な危機に対抗するための防災システムや政府などの危機管理体制の向上に向けた取り組みが顕著である。

Property Value
dbo:abstract
  • マルチハザード(Multi hazard)とは、「国家または社会をとりまく危機的要因が多様化している状況及び時代的背景」を意味する概念である。 近年では世界的にも地震、風水害などの自然災害や、大事故やCBRNE災害、有事、或いは犯罪、感染症の拡大、食品の安全への不安、住環境の欠陥といった様々な危機が発生している。また、米中間における軍事的衝突の潜在的可能性もあり、マルチハザードという概念は、このような多様な危機に対処できる国または社会環境の整備が課題となったことにより用いられるようになったものである。 また派生した概念としてマルチハザード型の危機がとりまく時代背景や社会構造を指してマルチハザード時代やマルチハザード社会などという。とりわけ、こうした多角的な危機に対しては通常の災害対策のみならず、武力攻撃を含めた災害に対しては一元的に対応可能な危機管理体制整備が必要であるといわれ、近年ではこうした多角的な危機に対抗するための防災システムや政府などの危機管理体制の向上に向けた取り組みが顕著である。 (ja)
  • マルチハザード(Multi hazard)とは、「国家または社会をとりまく危機的要因が多様化している状況及び時代的背景」を意味する概念である。 近年では世界的にも地震、風水害などの自然災害や、大事故やCBRNE災害、有事、或いは犯罪、感染症の拡大、食品の安全への不安、住環境の欠陥といった様々な危機が発生している。また、米中間における軍事的衝突の潜在的可能性もあり、マルチハザードという概念は、このような多様な危機に対処できる国または社会環境の整備が課題となったことにより用いられるようになったものである。 また派生した概念としてマルチハザード型の危機がとりまく時代背景や社会構造を指してマルチハザード時代やマルチハザード社会などという。とりわけ、こうした多角的な危機に対しては通常の災害対策のみならず、武力攻撃を含めた災害に対しては一元的に対応可能な危機管理体制整備が必要であるといわれ、近年ではこうした多角的な危機に対抗するための防災システムや政府などの危機管理体制の向上に向けた取り組みが顕著である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 328486 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3217 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 70204970 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • マルチハザード(Multi hazard)とは、「国家または社会をとりまく危機的要因が多様化している状況及び時代的背景」を意味する概念である。 近年では世界的にも地震、風水害などの自然災害や、大事故やCBRNE災害、有事、或いは犯罪、感染症の拡大、食品の安全への不安、住環境の欠陥といった様々な危機が発生している。また、米中間における軍事的衝突の潜在的可能性もあり、マルチハザードという概念は、このような多様な危機に対処できる国または社会環境の整備が課題となったことにより用いられるようになったものである。 また派生した概念としてマルチハザード型の危機がとりまく時代背景や社会構造を指してマルチハザード時代やマルチハザード社会などという。とりわけ、こうした多角的な危機に対しては通常の災害対策のみならず、武力攻撃を含めた災害に対しては一元的に対応可能な危機管理体制整備が必要であるといわれ、近年ではこうした多角的な危機に対抗するための防災システムや政府などの危機管理体制の向上に向けた取り組みが顕著である。 (ja)
  • マルチハザード(Multi hazard)とは、「国家または社会をとりまく危機的要因が多様化している状況及び時代的背景」を意味する概念である。 近年では世界的にも地震、風水害などの自然災害や、大事故やCBRNE災害、有事、或いは犯罪、感染症の拡大、食品の安全への不安、住環境の欠陥といった様々な危機が発生している。また、米中間における軍事的衝突の潜在的可能性もあり、マルチハザードという概念は、このような多様な危機に対処できる国または社会環境の整備が課題となったことにより用いられるようになったものである。 また派生した概念としてマルチハザード型の危機がとりまく時代背景や社会構造を指してマルチハザード時代やマルチハザード社会などという。とりわけ、こうした多角的な危機に対しては通常の災害対策のみならず、武力攻撃を含めた災害に対しては一元的に対応可能な危機管理体制整備が必要であるといわれ、近年ではこうした多角的な危機に対抗するための防災システムや政府などの危機管理体制の向上に向けた取り組みが顕著である。 (ja)
rdfs:label
  • マルチハザード (ja)
  • マルチハザード (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of