Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルセル・ミンナルト(Marcel Gilles Jozef Minnaert,1893年2月12日 - 1970年10月26日)はベルギー生まれのオランダの天文学者である。1914年ゲント大学で学位を得た。第1次世界大戦中、ドイツの占領地域でベルギーの国語をフランス語使用からオランダ語使用に変えていこうとする運動(フレミッシュ運動)に参加したため戦後亡命しなければならなかった。1918年にオランダのユトレヒト大学に職を得て、測光の研究を行ったが、天文学に転じ、太陽研究のパイオニアとなった。太陽大気の分光学研究を専門とした。1937年ゾーネンブルク天文台の所長になり、ユトレヒト大学の教授となった。1940年に発表された太陽スペクトルのユトレヒト・アトラス(スペクトル集)は高い評価を得た。1941年に反射分布関数のミンナルト関数を導いた。これは天体の光学測定に用いられる。第2次大戦でドイツがオランダを占領すると、ミンナルトは左翼的で反ファシズム的な思想のために投獄された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 371660 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 946 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57915095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルセル・ミンナルト(Marcel Gilles Jozef Minnaert,1893年2月12日 - 1970年10月26日)はベルギー生まれのオランダの天文学者である。1914年ゲント大学で学位を得た。第1次世界大戦中、ドイツの占領地域でベルギーの国語をフランス語使用からオランダ語使用に変えていこうとする運動(フレミッシュ運動)に参加したため戦後亡命しなければならなかった。1918年にオランダのユトレヒト大学に職を得て、測光の研究を行ったが、天文学に転じ、太陽研究のパイオニアとなった。太陽大気の分光学研究を専門とした。1937年ゾーネンブルク天文台の所長になり、ユトレヒト大学の教授となった。1940年に発表された太陽スペクトルのユトレヒト・アトラス(スペクトル集)は高い評価を得た。1941年に反射分布関数のミンナルト関数を導いた。これは天体の光学測定に用いられる。第2次大戦でドイツがオランダを占領すると、ミンナルトは左翼的で反ファシズム的な思想のために投獄された。
rdfs:label
  • マルセル・ミンナルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of