Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルセル・ミハロヴィチ(Marcel Mihalovici, 1898年10月22日 - 1985年8月12日)は、ルーマニア生まれのフランスの作曲家。ブカレスト出身。ジョルジェ・エネスクに才能を見いだされ、1919年よりパリに移住し、ヴァンサン・ダンディに師事した。作品には『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番』(1920年)、オペラ『メリュジーヌ』(1920年)、弦楽四重奏曲第1番(1923年)、弦楽四重奏曲第2番(1931年)、『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番』(1941年)、『ヴァイオリンとチェロのためのソナタ』(1944年)、オペラ『フェードル』(1949年)などがある。またピアノ曲の多くは妻のモニク・アースによって初演された。また、サミュエル・ベケットとの交友でも知られ、ベケット脚本のラジオドラマ『カスカンド』の音楽を担当し、戯曲の『クラップの最後のテープ』をオペラ化し、交響曲第5番ではベケットの詩を引用している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1947406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46755275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルセル・ミハロヴィチ(Marcel Mihalovici, 1898年10月22日 - 1985年8月12日)は、ルーマニア生まれのフランスの作曲家。ブカレスト出身。ジョルジェ・エネスクに才能を見いだされ、1919年よりパリに移住し、ヴァンサン・ダンディに師事した。作品には『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番』(1920年)、オペラ『メリュジーヌ』(1920年)、弦楽四重奏曲第1番(1923年)、弦楽四重奏曲第2番(1931年)、『ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番』(1941年)、『ヴァイオリンとチェロのためのソナタ』(1944年)、オペラ『フェードル』(1949年)などがある。またピアノ曲の多くは妻のモニク・アースによって初演された。また、サミュエル・ベケットとの交友でも知られ、ベケット脚本のラジオドラマ『カスカンド』の音楽を担当し、戯曲の『クラップの最後のテープ』をオペラ化し、交響曲第5番ではベケットの詩を引用している。
rdfs:label
  • マルセル・ミハロヴィチ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of