Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルセラン・ベルテロ(Marcellin Pierre Eugene Berthelot, 1827年10月25日 - 1907年3月18日)はフランスの化学者である。後に政治家として大臣も務めた。有機化合物の合成、反応速度、熱化学の分野に業績を残した。化学史家でもあった。パリに生まれた。1851年、コレージュ・ド・フランスで化学者アントワーヌ・バラール (fr:Antoine Jérôme Balard) の助手となった。1865年にはコレージュ・ド・フランスで有機化学の教授に就任した。多くの有機化合物の合成に成功し、可逆反応と化学平衡の現象を系統的に研究し多くの化学の著書を残した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57166483 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルセラン・ベルテロ(Marcellin Pierre Eugene Berthelot, 1827年10月25日 - 1907年3月18日)はフランスの化学者である。後に政治家として大臣も務めた。有機化合物の合成、反応速度、熱化学の分野に業績を残した。化学史家でもあった。パリに生まれた。1851年、コレージュ・ド・フランスで化学者アントワーヌ・バラール (fr:Antoine Jérôme Balard) の助手となった。1865年にはコレージュ・ド・フランスで有機化学の教授に就任した。多くの有機化合物の合成に成功し、可逆反応と化学平衡の現象を系統的に研究し多くの化学の著書を残した。
rdfs:label
  • マルセラン・ベルテロ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:doctoralAdvisor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:doctoralAdvisor of
is foaf:primaryTopic of