Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルコマンニ戦争(マルコマンニせんそう、ラテン語: bellum Germanicum ベッルウム・ゲルマニクム)は、162年から始まったローマ帝国の北方国境で発生した戦争の総称。主要な敵対勢力であったマルコマンニ人からこのように呼ばれるが、彼らはあくまで参加勢力の一派に過ぎない。戦いの最中でマルクス・アウレリウス帝は病没、180年に後を継いだコモドゥス帝によってローマ側に有利な和睦が結ばれて戦争は終結した。アウレリウスの思索書である『自省録』はこの戦争の間に書かれたと考えられている。
dbpedia-owl:combatant
  • 18pxローマ帝国
  • 蛮族の諸勢力マルコマンニ人クァディ人カッティ人カウキー人ウァリスキ人コティニ人ロンバルド人ウビイ人ラクリンギ人ヴァンダル人ハスディンギ人ヘルムンドゥリ人スエビ人ブリ人ヴィクトハリ人ロラニ人バスタルナエ人アラン人コストボキ人ジャマタエ人
dbpedia-owl:description
  • 当時の帝国北方の国境地帯の勢力図
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • ローマ帝国の勝利
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2339625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 76 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56705528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • マルコマンニ戦争
prop-ja:caption
  • 当時の帝国北方の国境地帯の勢力図
prop-ja:combatant
  • 18 (xsd:integer)
  • 蛮族の諸勢力マルコマンニ人クァディ人カッティ人カウキー人ウァリスキ人コティニ人ロンバルド人ウビイ人ラクリンギ人ヴァンダル人ハスディンギ人ヘルムンドゥリ人スエビ人ブリ人ヴィクトハリ人ロラニ人バスタルナエ人アラン人コストボキ人ジャマタエ人
prop-ja:commander
  • 18 (xsd:integer)
  • (マルコマンニ王)アレオガエスス(クアディ王)ザンティクス(ジャマタエ王)ヴァラオ(ウァリスキ王)
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マルコマンニ戦争(マルコマンニせんそう、ラテン語: bellum Germanicum ベッルウム・ゲルマニクム)は、162年から始まったローマ帝国の北方国境で発生した戦争の総称。主要な敵対勢力であったマルコマンニ人からこのように呼ばれるが、彼らはあくまで参加勢力の一派に過ぎない。戦いの最中でマルクス・アウレリウス帝は病没、180年に後を継いだコモドゥス帝によってローマ側に有利な和睦が結ばれて戦争は終結した。アウレリウスの思索書である『自省録』はこの戦争の間に書かれたと考えられている。
rdfs:label
  • マルコマンニ戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マルコマンニ戦争
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:conflict of
is foaf:primaryTopic of