Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルグレーテ・ア・ダンマーク(デンマーク語: Prinsesse Margrethe af Danmark, 1895年9月17日 ベアンストーフ城、シェラン島 - 1992年9月18日 コペンハーゲン)は、デンマークの王族。クリスチャン9世王の孫娘にあたる。全名はマルグレーテ・フランソワーズ・ルイーセ・マリーエ・ヘレーネ(Margrethe Françoise Louise Marie Helene)。クリスチャン9世の三男ヴァルデマー王子とその妻でシャルトル公ロベールの娘であるマリー・ドルレアンの間の第5子、長女として生まれた。デンマーク王家はルター派信徒だったが、両親の婚姻契約に基づき、娘のマルグレーテだけは母と同じカトリック信徒として育てられた。一家は王室の末席に位置しており、4人の兄たちのうち3人が貴賤結婚によって王位継承権を放棄している。1921年6月9日にコペンハーゲンにおいて、パルマ公ロベルト1世の息子ルネと結婚した。ルネはオーストリア皇后ツィタの弟である。この結婚に伴い、デンマーク議会はカトリック信徒との結婚を根拠にマルグレーテ王女の王位継承資格を剥奪した。夫妻は子供たちとともにフランスで暮らしたが、1939年にナチス・ドイツのフランス侵攻が起きると国外に逃れ、スペイン、ポルトガルを経てアメリカ合衆国に避難した。1992年、97歳の誕生日を迎えた翌日にコペンハーゲンで死去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2581146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56788672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルグレーテ・ア・ダンマーク(デンマーク語: Prinsesse Margrethe af Danmark, 1895年9月17日 ベアンストーフ城、シェラン島 - 1992年9月18日 コペンハーゲン)は、デンマークの王族。クリスチャン9世王の孫娘にあたる。全名はマルグレーテ・フランソワーズ・ルイーセ・マリーエ・ヘレーネ(Margrethe Françoise Louise Marie Helene)。クリスチャン9世の三男ヴァルデマー王子とその妻でシャルトル公ロベールの娘であるマリー・ドルレアンの間の第5子、長女として生まれた。デンマーク王家はルター派信徒だったが、両親の婚姻契約に基づき、娘のマルグレーテだけは母と同じカトリック信徒として育てられた。一家は王室の末席に位置しており、4人の兄たちのうち3人が貴賤結婚によって王位継承権を放棄している。1921年6月9日にコペンハーゲンにおいて、パルマ公ロベルト1世の息子ルネと結婚した。ルネはオーストリア皇后ツィタの弟である。この結婚に伴い、デンマーク議会はカトリック信徒との結婚を根拠にマルグレーテ王女の王位継承資格を剥奪した。夫妻は子供たちとともにフランスで暮らしたが、1939年にナチス・ドイツのフランス侵攻が起きると国外に逃れ、スペイン、ポルトガルを経てアメリカ合衆国に避難した。1992年、97歳の誕生日を迎えた翌日にコペンハーゲンで死去した。
rdfs:label
  • マルグレーテ・ア・ダンマーク (1895-1992)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of