Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルグリット・ド・ナヴァル(Marguerite de Navarre, 1492年4月11日 - 1549年12月21日)は、ナバラ王エンリケ2世の王妃。フランス・ルネサンス期の文芸の庇護者として知られ、自身も『エプタメロン』に代表される諸作品を残した文人である。フランス王フランソワ1世の姉である。マルグリット・ダングレーム(Marguerite d'Angoulême)、マルグリット・ドルレアン(Marguerite d'Orléans)、マルグリット・ド・フランス(Marguerite de France)、マルグリット・ド・ヴァロワ(Marguerite de Valois)などと呼ばれることもある(これらについては、アンリ2世の娘マルグリットをはじめ、同じように呼ばれる人物が複数存在する)。アングレーム伯シャルル・ドルレアン(詩人として知られるオルレアン公シャルル・ドルレアンの甥に当たる)と、サヴォイア公フィリッポ2世の娘ルイーズの娘として、アングレームで生まれた。1496年、3歳の時に父シャルルと死別した。1509年、弟フランソワ(当時はアングレーム伯)に次ぐ王位継承権者であったアランソン公シャルル4世と最初の結婚をした。2人の間に子供は生まれず、1525年にシャルル4世が早世してアランソン家は断絶した。先夫との死別から2年後の1527年に、ナバラ王エンリケ2世(アルブレ伯アンリ、アンリ・ダルブレ)と再婚した。2番目の夫との間には、後にナバラ女王となり、更にアンリ4世の母ともなるジャンヌ・ダルブレ(1528年 - 1572年)をもうけた(他に1男を生んだが夭逝した)。マルグリットは、1549年にオード(Odos, 現在のオート=ピレネー県内)で2番目の夫に先立って没した。マルグリットは、宗教改革の第一波にあたって示した好意的な姿勢や開明性によっても知られている。彼女は、ナバラの宮廷を人文主義者の拠点にしていた。マルグリットは文芸に理解があったため、当時の作家には、ラブレーのように著書にマルグリットへの献辞を収めた者も見られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 590316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47226513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マルグリット・ド・ナヴァル(Marguerite de Navarre, 1492年4月11日 - 1549年12月21日)は、ナバラ王エンリケ2世の王妃。フランス・ルネサンス期の文芸の庇護者として知られ、自身も『エプタメロン』に代表される諸作品を残した文人である。フランス王フランソワ1世の姉である。マルグリット・ダングレーム(Marguerite d'Angoulême)、マルグリット・ドルレアン(Marguerite d'Orléans)、マルグリット・ド・フランス(Marguerite de France)、マルグリット・ド・ヴァロワ(Marguerite de Valois)などと呼ばれることもある(これらについては、アンリ2世の娘マルグリットをはじめ、同じように呼ばれる人物が複数存在する)。アングレーム伯シャルル・ドルレアン(詩人として知られるオルレアン公シャルル・ドルレアンの甥に当たる)と、サヴォイア公フィリッポ2世の娘ルイーズの娘として、アングレームで生まれた。1496年、3歳の時に父シャルルと死別した。1509年、弟フランソワ(当時はアングレーム伯)に次ぐ王位継承権者であったアランソン公シャルル4世と最初の結婚をした。2人の間に子供は生まれず、1525年にシャルル4世が早世してアランソン家は断絶した。先夫との死別から2年後の1527年に、ナバラ王エンリケ2世(アルブレ伯アンリ、アンリ・ダルブレ)と再婚した。2番目の夫との間には、後にナバラ女王となり、更にアンリ4世の母ともなるジャンヌ・ダルブレ(1528年 - 1572年)をもうけた(他に1男を生んだが夭逝した)。マルグリットは、1549年にオード(Odos, 現在のオート=ピレネー県内)で2番目の夫に先立って没した。マルグリットは、宗教改革の第一波にあたって示した好意的な姿勢や開明性によっても知られている。彼女は、ナバラの宮廷を人文主義者の拠点にしていた。マルグリットは文芸に理解があったため、当時の作家には、ラブレーのように著書にマルグリットへの献辞を収めた者も見られた。
rdfs:label
  • マルグリット・ド・ナヴァル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of