Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス(古典ラテン語:Marcus Aurelius Antoninus 121年4月26日 - 180年3月17日)は、第16代ローマ皇帝(在位:161年 - 180年)。ネルウァ=アントニヌス朝では第五代皇帝。第15代皇帝アントニヌス・ピウスの后妃ファウスティナ・マイヨル(大ファウスティナ)の甥で先帝の外戚にあたり、また大ファウスティナはハドリアヌスとトラヤヌスの傍系血族でもある。外叔父アントニヌスの皇女で自身の従姉妹であるファウスティナ・ミノル(小ファウスティナ)と結婚して帝位を継承したが、共同皇帝としてハドリアヌスの重臣の子ルキウス・ウェルスが立てられていた。アウレリウスは小ファウスティナとの長女ルキッラを嫁がせて両皇帝の結束を固めたが、169年にウェルスが死んだ事で単独の皇帝となった。ストア哲学などの学識に長け、良く国を治めた事からネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌスに並ぶ皇帝(五賢帝)と評された。対外政策ではパルティアとの戦争に勝利を収めたが、蛮族への予防戦争として始めたマルコマンニ人、クアディ人、サルマティア人などへの遠征(マルコマンニ戦争)は長期戦となり、国力を疲弊させ、自らも陣中で没した。軍事よりも学問を好んだ皇帝という姿は、彼の著作である『自省録』への評価を通じて今日も維持されている。これはプラトンの時代から学識者にとって理想とされた「哲人君主」の実現例と見なされているからである。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 32908 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 67671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58555812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
  • dbpedia-ja:コンモドゥス
  • セクストゥス・エルキウス・クラルス、ガエヌス・クラウディウス・セウェルス・アラビヌス
  • ティトゥス・ホエニウス・セウェルス、マルクス・ペドゥカエウス・ストロガ・プリスキヌス
  • ユニウス・ルスティクス、ルキウス・ティトゥス・プラウティヌス・アクアリヌス
prop-ja:before
  • dbpedia-ja:アントニヌス・ピウス
  • アッピウス・アンニウス・アティリウス・ブラドゥア、ティトゥス・クロディウス・ウィビウス・ウァルス
  • ロルリアヌス・アウィトゥス、ティトゥス・スタティリウス・マキシムス
  • アントニヌス・ピウス、ガイウス・ブルッティウス・プラエセヌス、ルキウス・フルウィウス・ルスティクス
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 140 (xsd:integer)
  • 145 (xsd:integer)
  • 161 (xsd:integer)
prop-ja:人名
  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス
prop-ja:全名
  • カエサル・マルクス・アウレリウス・アントニヌス・アウグストゥスCaesar Marcus Aurelius Antoninus Augustus
prop-ja:出生日
  • --04-26
prop-ja:在位
  • 161 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬日
prop-ja:子女
  • コンモドゥスファディラ小コルニフィキア
prop-ja:死亡日
  • 0180-03-17 (xsd:date)
prop-ja:母親
  • ドミティア・ルキッラ
prop-ja:没地
prop-ja:父親
  • マルクス・アンニウス・ウェルス
prop-ja:王家
  • アントニヌス家
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Marcus Aurelius Glyptothek Munich.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • アウレリウス胸像(メトロポリタン美術館所蔵)
prop-ja:継承形式
  • 継承
prop-ja:継承者
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス(古典ラテン語:Marcus Aurelius Antoninus 121年4月26日 - 180年3月17日)は、第16代ローマ皇帝(在位:161年 - 180年)。ネルウァ=アントニヌス朝では第五代皇帝。第15代皇帝アントニヌス・ピウスの后妃ファウスティナ・マイヨル(大ファウスティナ)の甥で先帝の外戚にあたり、また大ファウスティナはハドリアヌスとトラヤヌスの傍系血族でもある。外叔父アントニヌスの皇女で自身の従姉妹であるファウスティナ・ミノル(小ファウスティナ)と結婚して帝位を継承したが、共同皇帝としてハドリアヌスの重臣の子ルキウス・ウェルスが立てられていた。アウレリウスは小ファウスティナとの長女ルキッラを嫁がせて両皇帝の結束を固めたが、169年にウェルスが死んだ事で単独の皇帝となった。ストア哲学などの学識に長け、良く国を治めた事からネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌスに並ぶ皇帝(五賢帝)と評された。対外政策ではパルティアとの戦争に勝利を収めたが、蛮族への予防戦争として始めたマルコマンニ人、クアディ人、サルマティア人などへの遠征(マルコマンニ戦争)は長期戦となり、国力を疲弊させ、自らも陣中で没した。軍事よりも学問を好んだ皇帝という姿は、彼の著作である『自省録』への評価を通じて今日も維持されている。これはプラトンの時代から学識者にとって理想とされた「哲人君主」の実現例と見なされているからである。
rdfs:label
  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builder of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:父親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of