Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マルキア(Marcia, 33年 - 100年以前)は、ローマ帝国の貴族で、第13代皇帝トラヤヌスの生母。有力なプレブス系の一門マルキウス氏族に属するバレア家に生まれ一家はマルキウス氏族が神話上の祖先としていたアンクス・マルキウス王を崇敬した。父クィントゥス・マルキウス・バレア(Quintus Marcius Barea)は元老院議員を務める上流貴族で、ウェスパシアヌス帝と懇意にしており、姉のマルキア・フルニッラはフラウィウス朝の2代君主ティトゥスの後妻になっている。そのため、マルキアは皇女ユリア・フラウィアの叔母にあたる。他に叔父バレア・ソラヌスは元老院議員、母方・父方の祖父がそれぞれ執政官経験者である。マルキウス氏族バレア家はネロ帝に反対する勢力と繋がりを持ち、ピソの陰謀にも関わりを持っていたとされる。ラウディウス帝時代に元老院議員マルクス・トラヤヌスと結婚、夫と同名の息子トラヤヌスと娘ウルピア・マルキアナの姉弟を儲けた。後に息子トラヤヌスは皇帝に即位すると、母と父と姉の名を冠したコロニア・マルキアナ・ウルピア・トライアナ・ティムガディ(Colonia Marciana Ulpia Traiana Thamugadi、現アルジェリア共和国ティムガッド)を建設して、一族の神格化を進めた。
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2435159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56180545 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • マルキア
prop-ja:全名
  • マルキアMarcia
prop-ja:出生日
  • 西暦33年
prop-ja:各国語表記
  • Marcia
prop-ja:子女
  • トラヤヌスウルピア・マルキアナ
prop-ja:家名・爵位
prop-ja:死亡日
  • 西暦100年以前
prop-ja:父親
  • クィントゥス・マルキウス・バレアQuintus Marcius Barea
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マルキア(Marcia, 33年 - 100年以前)は、ローマ帝国の貴族で、第13代皇帝トラヤヌスの生母。有力なプレブス系の一門マルキウス氏族に属するバレア家に生まれ一家はマルキウス氏族が神話上の祖先としていたアンクス・マルキウス王を崇敬した。父クィントゥス・マルキウス・バレア(Quintus Marcius Barea)は元老院議員を務める上流貴族で、ウェスパシアヌス帝と懇意にしており、姉のマルキア・フルニッラはフラウィウス朝の2代君主ティトゥスの後妻になっている。そのため、マルキアは皇女ユリア・フラウィアの叔母にあたる。他に叔父バレア・ソラヌスは元老院議員、母方・父方の祖父がそれぞれ執政官経験者である。マルキウス氏族バレア家はネロ帝に反対する勢力と繋がりを持ち、ピソの陰謀にも関わりを持っていたとされる。ラウディウス帝時代に元老院議員マルクス・トラヤヌスと結婚、夫と同名の息子トラヤヌスと娘ウルピア・マルキアナの姉弟を儲けた。後に息子トラヤヌスは皇帝に即位すると、母と父と姉の名を冠したコロニア・マルキアナ・ウルピア・トライアナ・ティムガディ(Colonia Marciana Ulpia Traiana Thamugadi、現アルジェリア共和国ティムガッド)を建設して、一族の神格化を進めた。
rdfs:label
  • マルキア (トラヤヌスの母)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マルキア
  • マルキアMarcia
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of