Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・ド・リュクサンブール(Marie de Luxembourg(-Saint-Pol), ? - 1547年4月1日)は、ヴァロワ朝期のフランスの貴族女性。サン=ポル女伯、マルル女伯、ソワソン女伯。サン=ポル伯ピエール2世とその妻でサヴォイア公ルドヴィーコの娘であるマルグリット・ド・サヴォワの間の娘。1482年に父を亡くし、3つの伯爵領を相続した。1484年、母方の叔父にあたるローモン伯ジャック(サヴォイア公ルドヴィーコの息子の一人)と結婚したが、2年後の1486年に死別した。翌1487年、ブルボン家の公子でプランス・デュ・サンの称号を持つヴァンドーム伯フランソワと再婚した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2713429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2098 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53313386 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・ド・リュクサンブール(Marie de Luxembourg(-Saint-Pol), ? - 1547年4月1日)は、ヴァロワ朝期のフランスの貴族女性。サン=ポル女伯、マルル女伯、ソワソン女伯。サン=ポル伯ピエール2世とその妻でサヴォイア公ルドヴィーコの娘であるマルグリット・ド・サヴォワの間の娘。1482年に父を亡くし、3つの伯爵領を相続した。1484年、母方の叔父にあたるローモン伯ジャック(サヴォイア公ルドヴィーコの息子の一人)と結婚したが、2年後の1486年に死別した。翌1487年、ブルボン家の公子でプランス・デュ・サンの称号を持つヴァンドーム伯フランソワと再婚した。
rdfs:label
  • マリー・ド・リュクサンブール=サン=ポル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of