Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgogne, 1386年9月 ディジョン - 1422年10月2日 トノン=レ=バン)は、ブルゴーニュ公フィリップ・ル・アルディとその妻のフランドル女伯マルグリット3世の間の四女。サヴォイア公アメデーオ8世に嫁した。1401年10月27日、アラスにおいて父方の従姉ボンヌ・ド・ベリーとサヴォイア伯アメデーオ7世の間の長男であるサヴォイア伯アメデーオ8世と結婚した。1416年、夫が神聖ローマ皇帝ジギスムントによって帝国伯から公爵に昇格を許され、1418年にはピエモンテ公の称号も与えられた。そのためマリーも公爵夫人を名乗ることになった。1422年に死去し、オートコンブ修道院に葬られた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2931250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1144 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52611711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgogne, 1386年9月 ディジョン - 1422年10月2日 トノン=レ=バン)は、ブルゴーニュ公フィリップ・ル・アルディとその妻のフランドル女伯マルグリット3世の間の四女。サヴォイア公アメデーオ8世に嫁した。1401年10月27日、アラスにおいて父方の従姉ボンヌ・ド・ベリーとサヴォイア伯アメデーオ7世の間の長男であるサヴォイア伯アメデーオ8世と結婚した。1416年、夫が神聖ローマ皇帝ジギスムントによって帝国伯から公爵に昇格を許され、1418年にはピエモンテ公の称号も与えられた。そのためマリーも公爵夫人を名乗ることになった。1422年に死去し、オートコンブ修道院に葬られた。
rdfs:label
  • マリー・ド・ブルゴーニュ (1386-1422)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of