Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgougne, 1457年2月13日 - 1482年3月27日)は、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公国最後の君主、(名目上の)ブルゴーニュ女公(在位:1477年 - 1482年)。後の神聖ローマ皇帝であるハプスブルク家のマクシミリアン1世の妻。領民たちからは「美しき姫君」「我らのお姫さま」と慕われていたという。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 864915 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57041417 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • マリー
prop-ja:出生日
  • --02-13
prop-ja:別号
  • 一覧参照
prop-ja:各国語表記
  • Marie
prop-ja:君主号
prop-ja:在位
  • --01-05
prop-ja:子女
prop-ja:宗教
prop-ja:死亡日
  • --03-27
prop-ja:母親
prop-ja:没地
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Niklas_Reiser_001.jpg
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgougne, 1457年2月13日 - 1482年3月27日)は、ヴァロワ=ブルゴーニュ家のブルゴーニュ公国最後の君主、(名目上の)ブルゴーニュ女公(在位:1477年 - 1482年)。後の神聖ローマ皇帝であるハプスブルク家のマクシミリアン1世の妻。領民たちからは「美しき姫君」「我らのお姫さま」と慕われていたという。
rdfs:label
  • マリー・ド・ブルゴーニュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of