Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・テレーズ・ド・モデーヌ(Marie Thérèse de Modène, 1817年7月14日 - 1886年3月25日)は、モデナ公国の公女、オーストリア=エステ大公女。モデナ公フランチェスコ4世の長女で、フランス・ブルボン家の王位継承者であるボルドー公・シャンボール伯アンリ・ダルトワの妃となった。ドイツ語名では、マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステ(Maria Theresia von Österreich-Este, 全名はMaria Theresia Beatrice Gaëtane)。オルレアン朝時代の1846年に、ブルボン家の長となっていたシャンボール伯と結婚したが、2人の間に子は生まれなかった。シャンボール伯は王政復古を果たせずに1883年に没し、マリー・テレーズも3年後の1886年に没した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 962581 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47410030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・テレーズ・ド・モデーヌ(Marie Thérèse de Modène, 1817年7月14日 - 1886年3月25日)は、モデナ公国の公女、オーストリア=エステ大公女。モデナ公フランチェスコ4世の長女で、フランス・ブルボン家の王位継承者であるボルドー公・シャンボール伯アンリ・ダルトワの妃となった。ドイツ語名では、マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ=エステ(Maria Theresia von Österreich-Este, 全名はMaria Theresia Beatrice Gaëtane)。オルレアン朝時代の1846年に、ブルボン家の長となっていたシャンボール伯と結婚したが、2人の間に子は生まれなかった。シャンボール伯は王政復古を果たせずに1883年に没し、マリー・テレーズも3年後の1886年に没した。
rdfs:label
  • マリー・テレーズ・ド・モデーヌ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of