Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリー・アメリー・テレーズ・ド・ブルボン=シシレ(Marie-Amélie de Bourbon-Siciles, 1782年4月26日 - 1866年3月24日)は、フランス王ルイ・フィリップの王妃。イタリア語名はマリーア・アマーリア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Maria Amalia di Borbone-Due Sicilie)。のちの両シチリア王フェルディナント1世(当時はナポリ王フェルディナンド4世およびシチリア王フェルディナンド3世)と王妃マリア・カロリーナの娘としてカンパニアのカゼルタで生まれた。マリーは家族から「ラ・サンタ」(La Santa)と呼ばれ、信仰篤く尊敬される人間となるよう教育された。1798年にナポリで反乱が起こり、王家はパレルモへ逃れた。さらに1800年から1802年の間、マリーは母とオーストリア宮廷で過ごした。1806年に再び王家はシチリアの君主に返り咲き、一家はパレルモへ戻った。亡命していたフランスのオルレアン公ルイ・フィリップと出会ったのはその時で、2人は1809年11月にパレルモで結婚した。1814年にオルレアン公夫妻はフランスへ帰り、パレ・ロワイヤルに落ち着いたが、ナポレオン・ボナパルトの百日天下で再び亡命を余儀なくされた。マリーは4人の子供たちとイギリスへ逃れ、ロンドンのオルレアン・ハウスで2年間過ごした。1817年にフランスへ戻り、1828年までヌイイで暮らしたが、この時期が彼女の人生で最も幸福なものだったと言える。マリーは自由思想の持ち主である夫と違って極端な絶対王政主義者で、伝統が夫に曲げられてしまうのではと疑っていた。彼女は政治に介入しなかったわけではなかったが、おおむね子供たちの教育と世話に夢中になっていた。1830年の七月革命の結果、オルレアン公が王位に就き、マリーはフランス王妃となった。1848年の二月革命により、王家は再びイギリスへ亡命した。マリーはサリーのクレアモントに居をかまえ、慈善活動と敬虔な行いで残りの人生を過ごした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 977604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58899868 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリー・アメリー・テレーズ・ド・ブルボン=シシレ(Marie-Amélie de Bourbon-Siciles, 1782年4月26日 - 1866年3月24日)は、フランス王ルイ・フィリップの王妃。イタリア語名はマリーア・アマーリア・ディ・ボルボーネ=ドゥエ・シチリエ(Maria Amalia di Borbone-Due Sicilie)。のちの両シチリア王フェルディナント1世(当時はナポリ王フェルディナンド4世およびシチリア王フェルディナンド3世)と王妃マリア・カロリーナの娘としてカンパニアのカゼルタで生まれた。マリーは家族から「ラ・サンタ」(La Santa)と呼ばれ、信仰篤く尊敬される人間となるよう教育された。1798年にナポリで反乱が起こり、王家はパレルモへ逃れた。さらに1800年から1802年の間、マリーは母とオーストリア宮廷で過ごした。1806年に再び王家はシチリアの君主に返り咲き、一家はパレルモへ戻った。亡命していたフランスのオルレアン公ルイ・フィリップと出会ったのはその時で、2人は1809年11月にパレルモで結婚した。1814年にオルレアン公夫妻はフランスへ帰り、パレ・ロワイヤルに落ち着いたが、ナポレオン・ボナパルトの百日天下で再び亡命を余儀なくされた。マリーは4人の子供たちとイギリスへ逃れ、ロンドンのオルレアン・ハウスで2年間過ごした。1817年にフランスへ戻り、1828年までヌイイで暮らしたが、この時期が彼女の人生で最も幸福なものだったと言える。マリーは自由思想の持ち主である夫と違って極端な絶対王政主義者で、伝統が夫に曲げられてしまうのではと疑っていた。彼女は政治に介入しなかったわけではなかったが、おおむね子供たちの教育と世話に夢中になっていた。1830年の七月革命の結果、オルレアン公が王位に就き、マリーはフランス王妃となった。1848年の二月革命により、王家は再びイギリスへ亡命した。マリーはサリーのクレアモントに居をかまえ、慈善活動と敬虔な行いで残りの人生を過ごした。
rdfs:label
  • マリー・アメリー・ド・ブルボン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of