Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ(Maria Antónia del Portogallo)またはマリーア・アントーニア・ディ・ブラガンツァ(Maria Antonia di Braganza, 1862年11月28日 - 1959年5月4日)は、パルマ公ロベルト1世の2度目の妃(ただし、マリーア・アントーニアが生まれる以前にパルマ公国は廃されている)。ポルトガルの廃王ミゲル1世とその妃であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アデライデの末子として、ブロンバッハで生まれた。ポルトガル語全名はMaria Antónia Adelaide Camila Carolina Eulália Leopoldina Sofia Inès Francisca de Assis e de Paula Micaela Rafaela Gabriela Gonzaga Gregória Bernardina Benedita Andrea。1884年にロベルトと結婚し、12子をもうけた。マリーア・デッレ・ネーヴェ・アデライデ(1885年 - 1959年) - 修道女。シスト(1886年 - 1934年) - 貴賤結婚のため継承権放棄。フランチェスコ・サヴェリオ(1889年 - 1977年) - ブルボン=ビュッセ公女マドレーヌと結婚。パルマ公位請求者、およびカルリスタの一派の支持するスペイン王位請求者。フランチェスカ・ジュゼッピーナ(1890年 - 1978年) - 修道女。ツィタ(1892年 - 1989年) - オーストリア皇帝カール1世の皇后。フェリーチェ(1893年 - 1970年) - ルクセンブルク大公シャルロットと結婚。レナート(1894年 - 1962年) - デンマーク王女マルグレーテと結婚。マリーア・アントーニア(1895年 - 1937年) - 修道女。イザベッラ(1898年 - 1984年)ルイジ(1899年 - 1967年) - イタリア王女マリーア・フランチェスカと結婚。エンリチェッタ(1903年 - 1987年)ガエターノ(1905年 - 1958年) - トゥルン・ウント・タクシス公女マルガレーテと結婚。第二次世界大戦後、三男フェリーチェの住むルクセンブルクへ移住し、シューロス・コルマール=ベルクで死去した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1108830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54644987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ(Maria Antónia del Portogallo)またはマリーア・アントーニア・ディ・ブラガンツァ(Maria Antonia di Braganza, 1862年11月28日 - 1959年5月4日)は、パルマ公ロベルト1世の2度目の妃(ただし、マリーア・アントーニアが生まれる以前にパルマ公国は廃されている)。ポルトガルの廃王ミゲル1世とその妃であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アデライデの末子として、ブロンバッハで生まれた。ポルトガル語全名はMaria Antónia Adelaide Camila Carolina Eulália Leopoldina Sofia Inès Francisca de Assis e de Paula Micaela Rafaela Gabriela Gonzaga Gregória Bernardina Benedita Andrea。1884年にロベルトと結婚し、12子をもうけた。マリーア・デッレ・ネーヴェ・アデライデ(1885年 - 1959年) - 修道女。シスト(1886年 - 1934年) - 貴賤結婚のため継承権放棄。フランチェスコ・サヴェリオ(1889年 - 1977年) - ブルボン=ビュッセ公女マドレーヌと結婚。パルマ公位請求者、およびカルリスタの一派の支持するスペイン王位請求者。フランチェスカ・ジュゼッピーナ(1890年 - 1978年) - 修道女。ツィタ(1892年 - 1989年) - オーストリア皇帝カール1世の皇后。フェリーチェ(1893年 - 1970年) - ルクセンブルク大公シャルロットと結婚。レナート(1894年 - 1962年) - デンマーク王女マルグレーテと結婚。マリーア・アントーニア(1895年 - 1937年) - 修道女。イザベッラ(1898年 - 1984年)ルイジ(1899年 - 1967年) - イタリア王女マリーア・フランチェスカと結婚。エンリチェッタ(1903年 - 1987年)ガエターノ(1905年 - 1958年) - トゥルン・ウント・タクシス公女マルガレーテと結婚。第二次世界大戦後、三男フェリーチェの住むルクセンブルクへ移住し、シューロス・コルマール=ベルクで死去した。
rdfs:label
  • マリーア・アントーニア・デル・ポルトガッロ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of