Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ・ドルゴルーコヴァまたはドルゴルーカヤ(Мария Владимировна Долгорукова / Maria Vladimirovna Dolgorukova,?‐1625年1月)は、ロマノフ朝の初代ツァーリ、ミハイル・ロマノフの最初の皇妃(ツァリーツァ)。ウラジーミル・チモフェーエヴィチ・ドルゴルーコフ公の娘、母は公女マリヤ・ヴァシリエヴナ・バルバシナ=シュイスカヤ。リューリク朝の流れをくむ名門貴族ドルゴルーコフ家の出身。1624年に皇妃に選ばれたが、結婚後わずか4か月で急逝した。マリヤは難産が原因で死んだらしく、ミハイルは妊娠していた女性と結婚したことになる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1614500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 490 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54659130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ・ドルゴルーコヴァまたはドルゴルーカヤ(Мария Владимировна Долгорукова / Maria Vladimirovna Dolgorukova,?‐1625年1月)は、ロマノフ朝の初代ツァーリ、ミハイル・ロマノフの最初の皇妃(ツァリーツァ)。ウラジーミル・チモフェーエヴィチ・ドルゴルーコフ公の娘、母は公女マリヤ・ヴァシリエヴナ・バルバシナ=シュイスカヤ。リューリク朝の流れをくむ名門貴族ドルゴルーコフ家の出身。1624年に皇妃に選ばれたが、結婚後わずか4か月で急逝した。マリヤは難産が原因で死んだらしく、ミハイルは妊娠していた女性と結婚したことになる。
rdfs:label
  • マリヤ・ドルゴルーコヴァ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of