Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリヤ・ギンブタス(Marija Gimbutas, 1921年1月23日 - 1994年2月2日)はリトアニア出身でアメリカ合衆国で活動した女性考古学者。ヨーロッパの新石器時代・青銅器時代を専門として、考古学の成果を言語学や神話学とも絡めて解釈した。インド・ヨーロッパ語族に関する「クルガン仮説」を提唱して印欧学に強い影響を残し、ヨーロッパの新石器文化を指す「古ヨーロッパ」という用語を生んだ。また著書ではフェミニスト的立場から独特の解釈を行い、賛否両論を巻き起こした。リトアニア語ではギンブタスは男性に付けられる姓であり、ユルギス・ギンブタスの妻である彼女の本来の姓はギンブティエネ (Gimbutienė) であるが、アメリカ移住後夫婦ともに同じ姓を用いたためギンブタスを名乗っていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2310325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54080912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-11
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1994年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリヤ・ギンブタス(Marija Gimbutas, 1921年1月23日 - 1994年2月2日)はリトアニア出身でアメリカ合衆国で活動した女性考古学者。ヨーロッパの新石器時代・青銅器時代を専門として、考古学の成果を言語学や神話学とも絡めて解釈した。インド・ヨーロッパ語族に関する「クルガン仮説」を提唱して印欧学に強い影響を残し、ヨーロッパの新石器文化を指す「古ヨーロッパ」という用語を生んだ。また著書ではフェミニスト的立場から独特の解釈を行い、賛否両論を巻き起こした。リトアニア語ではギンブタスは男性に付けられる姓であり、ユルギス・ギンブタスの妻である彼女の本来の姓はギンブティエネ (Gimbutienė) であるが、アメリカ移住後夫婦ともに同じ姓を用いたためギンブタスを名乗っていた。
rdfs:label
  • マリヤ・ギンブタス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of