Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ(Мария Владимировна Романова, 1953年12月23日 - )は、ロシアの帝位請求者。1992年よりロシア女帝およびロマノフ家家長を自称しており、また、出生時よりロシア大公女の称号と「Her Imperial Highness」の敬称を使用している。しかしその帝位請求権および「大公女」の儀礼称号の使用には、ロマノフ家の一部から異議が唱えられている。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1953-12-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:religion
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2008626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2688 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 36 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57634676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
  • エリーザベト・ザントホーファー
prop-ja:thisnote
  • (ヴィクトリアの次男アルフレートの子孫)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:子供
prop-ja:宗教
prop-ja:宗派
prop-ja:氏名
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ
prop-ja:生年月日
  • 1953-12-23 (xsd:date)
prop-ja:生誕地
  • 、マドリード
prop-ja:
  • 母:レオニーダ
  • 父:ウラジーミル・キリロヴィチ
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ(Мария Владимировна Романова, 1953年12月23日 - )は、ロシアの帝位請求者。1992年よりロシア女帝およびロマノフ家家長を自称しており、また、出生時よりロシア大公女の称号と「Her Imperial Highness」の敬称を使用している。しかしその帝位請求権および「大公女」の儀礼称号の使用には、ロマノフ家の一部から異議が唱えられている。
rdfs:label
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • マリヤ・ウラジーミロヴナ
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:現当主 of
is foaf:primaryTopic of