Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリナー5号(マリナー5ごう、Mariner 5)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた惑星探査機。マリナー計画の一環であり、金星探査を目的としていた。マリナー5号は火星探査機マリナー4号のバックアップとして組み立てられた。マリナー4号の火星探査が成功したために、金星探査機として転用されることとなった。金星探査機への転用にあたっては、太陽電池パネルの縮小、熱遮蔽版の取り付けが行われている。現地時間の1967年6月14日に打ち上げられた。金星には10月19日に最接近をしており、高度4,000kmまで近づいている。マリナー2号よりも金星に接近したことによって、詳細な観測を行なえた。ただし、周回軌道には入らず、フライバイしている。マリナー5号による電波観測は、10月18日に金星に着地していたベネラ4号の観測を支援する形となった。それらの観測により、金星大気は予想よりも高温・高圧であることが判明した。なお、マリナー5号の運用は1967年11月で終了している。de:Mariner#Mariner 5
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 769083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58932583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリナー5号(マリナー5ごう、Mariner 5)はアメリカ航空宇宙局が打ち上げた惑星探査機。マリナー計画の一環であり、金星探査を目的としていた。マリナー5号は火星探査機マリナー4号のバックアップとして組み立てられた。マリナー4号の火星探査が成功したために、金星探査機として転用されることとなった。金星探査機への転用にあたっては、太陽電池パネルの縮小、熱遮蔽版の取り付けが行われている。現地時間の1967年6月14日に打ち上げられた。金星には10月19日に最接近をしており、高度4,000kmまで近づいている。マリナー2号よりも金星に接近したことによって、詳細な観測を行なえた。ただし、周回軌道には入らず、フライバイしている。マリナー5号による電波観測は、10月18日に金星に着地していたベネラ4号の観測を支援する形となった。それらの観測により、金星大気は予想よりも高温・高圧であることが判明した。なお、マリナー5号の運用は1967年11月で終了している。de:Mariner#Mariner 5
rdfs:label
  • マリナー5号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of