Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリア・ニコラエヴナ(русский: Мария Николаевна, ラテン文字転写: Maria Nikolayevna, 1819年8月18日 - 1876年2月21日)は、ロシア大公女でロイヒテンベルク公マクシミリアン・ド・ボアルネの夫人。ロシア皇帝ニコライ1世の長女、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。サンクトペテルブルクにあった帝立芸術アカデミーの総裁だった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 987357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55587392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリア・ニコラエヴナ(русский: Мария Николаевна, ラテン文字転写: Maria Nikolayevna, 1819年8月18日 - 1876年2月21日)は、ロシア大公女でロイヒテンベルク公マクシミリアン・ド・ボアルネの夫人。ロシア皇帝ニコライ1世の長女、母は皇后アレクサンドラ・フョードロヴナ。サンクトペテルブルクにあった帝立芸術アカデミーの総裁だった。
rdfs:label
  • マリア・ニコラエヴナ (ロイヒテンベルク公妃)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of