Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリア・ダス・ネヴェス・デ・ブラガンサ(Maria das Neves de Bragança, 1852年8月5日 クラインホイバッハ、バイエルン - 1941年2月15日 ウィーン、オーストリア)は、ポルトガルの廃王ミゲル1世とその妻であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アーデルハイトの間の長女。スペインのカルリスタ王位請求者にしてフランスのレジティミスト王位請求者、サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスの妻となった。全名はマリア・ダス・ネヴェス・イザベル・エウラリア・カルロータ・アデライデ・ミカエラ・ガブリエラ・ハファエラ・ゴンザーガ・デ・パウラ・デ・アシス・イネス・ソフィア・ホマーナ(Maria das Neves Isabel Eulália Carlota Adelaide Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Paula de Assis Inès Sofia Romana)。スペイン語名はマリア・デ・ラス・ニエベス(María de las Nieves de Braganza)。亡命者の身の上であるミゲル1世夫妻の最初の子供として生まれ、弟のミゲルが生まれるまではミゲリスタ派のポルトガル王太子 (Princesa Real de Portugal) とされていた。マリア・ダス・ネヴェスは1871年4月26日、クラインホイバッハで父の従弟にあたるサン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスと結婚した。マリア・ダス・ネヴェスは1874年に男の子を出産したが、この息子は生れて数時間後に亡くなった。サン・ハイメ公爵夫妻はこれ以後2度と子供に恵まれなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2147924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1257 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54644048 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリア・ダス・ネヴェス・デ・ブラガンサ(Maria das Neves de Bragança, 1852年8月5日 クラインホイバッハ、バイエルン - 1941年2月15日 ウィーン、オーストリア)は、ポルトガルの廃王ミゲル1世とその妻であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アーデルハイトの間の長女。スペインのカルリスタ王位請求者にしてフランスのレジティミスト王位請求者、サン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスの妻となった。全名はマリア・ダス・ネヴェス・イザベル・エウラリア・カルロータ・アデライデ・ミカエラ・ガブリエラ・ハファエラ・ゴンザーガ・デ・パウラ・デ・アシス・イネス・ソフィア・ホマーナ(Maria das Neves Isabel Eulália Carlota Adelaide Micaela Gabriela Rafaela Gonzaga de Paula de Assis Inès Sofia Romana)。スペイン語名はマリア・デ・ラス・ニエベス(María de las Nieves de Braganza)。亡命者の身の上であるミゲル1世夫妻の最初の子供として生まれ、弟のミゲルが生まれるまではミゲリスタ派のポルトガル王太子 (Princesa Real de Portugal) とされていた。マリア・ダス・ネヴェスは1871年4月26日、クラインホイバッハで父の従弟にあたるサン・ハイメ公アルフォンソ・カルロスと結婚した。マリア・ダス・ネヴェスは1874年に男の子を出産したが、この息子は生れて数時間後に亡くなった。サン・ハイメ公爵夫妻はこれ以後2度と子供に恵まれなかった。
rdfs:label
  • マリア・ダス・ネヴェス・デ・ブラガンサ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of