Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マラーター王国मराठा साम्राज्यMaratha Empireマラーター王国の位置1760年のマラーター王国の領土(ただし、これはマラーター同盟としての領土も含んでいる)File:Maratha_Armor.jpgマラーター王国(マラーターおうこく、マラーティー語:मराठा साम्राज्य(Marāṭhā Sāmrājya, マラーター・サームラージヤ), 英語:Maratha Empire)は、インド、デカン地方に存在したヒンドゥー王朝(1674年 - 1849年)。首都はラーイガド、シェンジ、サーターラー。マラーター同盟の中心となった国家でもある。なお、しばしばマラーター王国はマラーター同盟と同一視されることもあるが、ここでは王国のみに関して説明している。中世のデカン地方に勃興した新興カースト・マラーターは、17世紀後半に卓越した指導者シヴァージーに率いられて諸勢力と戦い、1674年にマラーター王(チャトラパティ)を宣し、マラーター王国を創始した。その後、1680年にシヴァージーが死亡すると、サンバージーが王位を継承したが、ムガル帝国のアウラングゼーブの軍勢に圧されて不利となったが、王国はその没年までに勢力を回復した。1708年、マラーター同盟が結成されたのち、王国の実権を握った三人の宰相(ペーシュワー)バーラージー・ヴィシュヴァナート、バージー・ラーオ、バーラージー・バージー・ラーオのもと王国を中心に勢力を広げた。1761年に第三次パーニーパットの戦いで同盟軍がアフガン軍に敗北すると、王国宰相を中心とした同盟の体制は崩れた。マラーター王国はその後、マーダヴ・ラーオの下でニザーム王国やマイソール王国をとの争いにも負けずに勢力を回復した。だが、宰相位をめぐる争いから、宰相の権力は家臣へと移った。1818年、イギリスとの3次にわたるマラーター戦争の結果、マラーター王国はサーターラー藩王国として存続を許されたものの、1848年の藩王シャハージーの死を以て廃絶された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1530622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57446800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1849 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • India-1760-map.jpg
prop-ja:位置画像説明
  • 1760 (xsd:integer)
  • (ただし、これはマラーター同盟としての領土も含んでいる)
prop-ja:元首等年代始
  • 1674 (xsd:integer)
  • 1680 (xsd:integer)
  • 1689 (xsd:integer)
  • 1708 (xsd:integer)
  • 1839 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1680 (xsd:integer)
  • 1689 (xsd:integer)
  • 1707 (xsd:integer)
  • 1749 (xsd:integer)
  • 1848 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • ムガル帝国
  • ビジャープル王国
prop-ja:先旗
  • Flag of the Mughal Empire .svg
prop-ja:公式国名
  • मराठा साम्राज्य
  • Maratha Empire
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag_of_the_Maratha_Empire.svg
prop-ja:変遷
  • 創始
  • イギリス領へ併合
  • 軍事保護条約により藩王国となる
prop-ja:変遷年月日
  • 1674 (xsd:integer)
  • 1819 (xsd:integer)
  • 1849 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1674 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • マラーター王国
prop-ja:次代
  • 英領インド
prop-ja:次旗
  • Flag of Imperial India.svg
prop-ja:注記
  • File:Maratha_Armor.jpg
prop-ja:通貨
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マラーター王国मराठा साम्राज्यMaratha Empireマラーター王国の位置1760年のマラーター王国の領土(ただし、これはマラーター同盟としての領土も含んでいる)File:Maratha_Armor.jpgマラーター王国(マラーターおうこく、マラーティー語:मराठा साम्राज्य(Marāṭhā Sāmrājya, マラーター・サームラージヤ), 英語:Maratha Empire)は、インド、デカン地方に存在したヒンドゥー王朝(1674年 - 1849年)。首都はラーイガド、シェンジ、サーターラー。マラーター同盟の中心となった国家でもある。なお、しばしばマラーター王国はマラーター同盟と同一視されることもあるが、ここでは王国のみに関して説明している。中世のデカン地方に勃興した新興カースト・マラーターは、17世紀後半に卓越した指導者シヴァージーに率いられて諸勢力と戦い、1674年にマラーター王(チャトラパティ)を宣し、マラーター王国を創始した。その後、1680年にシヴァージーが死亡すると、サンバージーが王位を継承したが、ムガル帝国のアウラングゼーブの軍勢に圧されて不利となったが、王国はその没年までに勢力を回復した。1708年、マラーター同盟が結成されたのち、王国の実権を握った三人の宰相(ペーシュワー)バーラージー・ヴィシュヴァナート、バージー・ラーオ、バーラージー・バージー・ラーオのもと王国を中心に勢力を広げた。1761年に第三次パーニーパットの戦いで同盟軍がアフガン軍に敗北すると、王国宰相を中心とした同盟の体制は崩れた。マラーター王国はその後、マーダヴ・ラーオの下でニザーム王国やマイソール王国をとの争いにも負けずに勢力を回復した。だが、宰相位をめぐる争いから、宰相の権力は家臣へと移った。1818年、イギリスとの3次にわたるマラーター戦争の結果、マラーター王国はサーターラー藩王国として存続を許されたものの、1848年の藩王シャハージーの死を以て廃絶された。
rdfs:label
  • マラーター王国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:result of
is foaf:primaryTopic of