Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マラッカ王国マラッカ王国の位置15世紀のマラッカ王国の支配領域マラッカ王国(英語: Malacca Sultanate、マレー語: كسلطانن ملايو ملاك Kesultanan Melayu Melaka)は、15世紀から16世紀初頭にかけてマレー半島南岸に栄えたマレー系イスラム港市国家(1402年 - 1511年)。漢籍史料では満刺加と表記される。16世紀初頭にマラッカに滞在し、『東方諸国記』を著したポルトガル人トメ・ピレスによれば、「マラッカ」の語源は「隠れた逃亡者」に由来するとされている。マレー半島という交易において重要な位置に立地していたことが国家の形成に多大な影響を与え、香料貿易の中継港としてインド、中東からイスラム商船が多数来航し、東南アジアにおけるイスラム布教の拠点ともなった。当初から一貫して中国・明王朝の忠実な朝貢国であり、同時期に交易国家として繁栄した琉球王国とも通好があった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 118896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58071724 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1511 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 約100000
  • 約2000 - 6000
prop-ja:人口測定時期
  • 16 (xsd:integer)
  • 1417 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Malacca Sultanate en.svg
prop-ja:位置画像幅
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像説明
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代始
  • 1402 (xsd:integer)
  • 1414 (xsd:integer)
  • 1459 (xsd:integer)
  • 1488 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1414 (xsd:integer)
  • 1424 (xsd:integer)
  • 1477 (xsd:integer)
  • 1511 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:先代
  • シュリーヴィジャヤ王国
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Flag of Malacca.svg
prop-ja:変遷
  • 建国
  • アユタヤ朝に勝利
  • マラッカの陥落
  • 朝貢貿易の開始
prop-ja:変遷年月日
  • 1402 (xsd:integer)
  • 1405 (xsd:integer)
  • 1446 (xsd:integer)
  • 1511 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1402 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • マラッカ王国
prop-ja:次代
  • ジョホール王国
  • ペラク王国
  • ポルトガル領マラッカ
prop-ja:次旗
  • Flag Portugal .svg
  • Flag_of_Johor.svg
  • Flag_of_Perak.svg
prop-ja:通貨
  • 中国銭、独自に鋳造した錫の硬貨など
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マラッカ王国マラッカ王国の位置15世紀のマラッカ王国の支配領域マラッカ王国(英語: Malacca Sultanate、マレー語: كسلطانن ملايو ملاك Kesultanan Melayu Melaka)は、15世紀から16世紀初頭にかけてマレー半島南岸に栄えたマレー系イスラム港市国家(1402年 - 1511年)。漢籍史料では満刺加と表記される。16世紀初頭にマラッカに滞在し、『東方諸国記』を著したポルトガル人トメ・ピレスによれば、「マラッカ」の語源は「隠れた逃亡者」に由来するとされている。マレー半島という交易において重要な位置に立地していたことが国家の形成に多大な影響を与え、香料貿易の中継港としてインド、中東からイスラム商船が多数来航し、東南アジアにおけるイスラム布教の拠点ともなった。当初から一貫して中国・明王朝の忠実な朝貢国であり、同時期に交易国家として繁栄した琉球王国とも通好があった。
rdfs:label
  • マラッカ王国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:blankName of
is foaf:primaryTopic of