Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マラウイの国旗は1964年7月6日に制定された、黒・赤・緑の三色旗に赤い半円の太陽を置いたもの。2010年から2012年の間は赤・黒・緑の中に白い円の太陽というものであったが、2012年5月28日に差し戻された。マラウイ独立時はアフリカ諸国が独立を開始していた時期で、太陽は日の出を、アフリカ大陸の希望と自由の夜明けを表し、また黒はアフリカの国民を、赤は自由のための殉教者を、緑はマラウイの自然を表す。ジョイス・バンダ大統領の下、議会での投票により、独立当初の旗を再度採用した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 552092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58235684 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:使用色
  • * 黒 * 赤 * 緑
prop-ja:制定日
  • --05-28
  • --07-06
prop-ja:縦横比
  • 2 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マラウイの国旗は1964年7月6日に制定された、黒・赤・緑の三色旗に赤い半円の太陽を置いたもの。2010年から2012年の間は赤・黒・緑の中に白い円の太陽というものであったが、2012年5月28日に差し戻された。マラウイ独立時はアフリカ諸国が独立を開始していた時期で、太陽は日の出を、アフリカ大陸の希望と自由の夜明けを表し、また黒はアフリカの国民を、赤は自由のための殉教者を、緑はマラウイの自然を表す。ジョイス・バンダ大統領の下、議会での投票により、独立当初の旗を再度採用した。
rdfs:label
  • マラウイの国旗
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of