Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マヤーク(ロシア語: Произво́дственное объедине́ние «Мая́к»、生産連合体«マヤーク»。マヤークはロシア語で灯台の意味。化学コンビナートマヤーク、チェリャビンスク-65とも呼ばれる)はロシア連邦チェリャビンスク州のオジョルスク市近郊にある核施設である。これはソ連時代の核兵器のための核分裂性物質を工業生産する初の工場だった。1987年からはマヤークは兵器級核物質を製造していない。それ以降は放射性同位体、特にコバルト60の生産と核燃料の再処理が主な事業である。通常の運転に加え、1957年のウラル核惨事を含むさまざまな事故を通じて非常に大量の放射性物質が環境中に撒き散らされた。いまもなお秘密にされている部分があることに加え、施設やオジョルスク市への厳しい立ち入り制限により信頼できる情報は限られている。しかし後継処理場の建設は頓挫していることから、国内唯一の施設として今後も稼働が続くことは確実視されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2880479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 33328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59101921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:archivUrl
prop-ja:autor
  • Carola Paulsen
  • Nils Boehmer, Thomas Nilsen
  • Igor Kudrik, Aleksandr Nikitin, Charles Digges, Nils Bøhmer, Vladislav Larin, Vladimir Kuznetsov
prop-ja:caption
  • マヤーク核技術施設のロシアにおける位置
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:datum
  • 1 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 2001 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right
prop-ja:format
  • PDF; 1,9 MB
  • PDF; 3,0 MB
prop-ja:hrsg
prop-ja:kommentar
  • Dissertation
prop-ja:label
  • マヤーク
prop-ja:latDeg
  • 55 (xsd:integer)
prop-ja:latDir
  • N
prop-ja:latMin
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:latSec
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:lonDeg
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:lonDir
  • E
prop-ja:lonMin
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:lonSec
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:position
  • right
prop-ja:region
  • RU
prop-ja:seiten
  • 47 (xsd:integer)
prop-ja:sprache
  • en
prop-ja:titel
  • 15604.0
  • Reprocessing plants in Siberia
  • Morbidität bei 80 akzidentell seit 1949 chronisch strahlenexponierten Anwohnern des Techa-River
prop-ja:type
  • landmark
prop-ja:url
prop-ja:werk
  • 15635.0
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zugriff
  • 24 (xsd:integer)
  • 2010-11-14 (xsd:date)
prop-ja:範囲
  • しかし後継処理場の建設は頓挫していることから、国内唯一の施設として今後も稼働が続くことは確実視されている。
  • 、特にコバルト60
dcterms:subject
georss:point
  • 55.0 42.0
rdf:type
rdfs:comment
  • マヤーク(ロシア語: Произво́дственное объедине́ние «Мая́к»、生産連合体«マヤーク»。マヤークはロシア語で灯台の意味。化学コンビナートマヤーク、チェリャビンスク-65とも呼ばれる)はロシア連邦チェリャビンスク州のオジョルスク市近郊にある核施設である。これはソ連時代の核兵器のための核分裂性物質を工業生産する初の工場だった。1987年からはマヤークは兵器級核物質を製造していない。それ以降は放射性同位体、特にコバルト60の生産と核燃料の再処理が主な事業である。通常の運転に加え、1957年のウラル核惨事を含むさまざまな事故を通じて非常に大量の放射性物質が環境中に撒き散らされた。いまもなお秘密にされている部分があることに加え、施設やオジョルスク市への厳しい立ち入り制限により信頼できる情報は限られている。しかし後継処理場の建設は頓挫していることから、国内唯一の施設として今後も稼働が続くことは確実視されている。
rdfs:label
  • マヤーク核技術施設
owl:sameAs
geo:lat
  • 55.000000 (xsd:float)
geo:long
  • 42.000000 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of